不思議な構造を持つサンディエゴ要塞 マニラ・イントラムロス

 

意味もなく朝早く起きてしまったので、ホテル周辺の

イントラムロスとリサール公園を散歩することにします。

 

ホテルからイントラムロス側へ道を渡ってすぐの所に

ニノイ(ベニグノ アキノ ジュニア)&コリー(コラソン

アキノ)のアキノ夫妻の像が立っております。

 

イントラムロスに入りますと、Eトライクなる乗り物の

看板を発見。

 

電動カート(電動トゥクトゥク)でイントラムロス内を

運行しているようです。

 

料金は1回25ペソ、運行時間は7~19時、2~5分間隔

(本当か?)で下記ルートを周回しています。

 

一昨日か昨日に知っていたら利用したのに・・・

 

またイントラムロス内を1時間800ペソ(6人まで)で

チャーターも出来るようです。

 

今日はイントラムロスの南西の端に「ジャパニーズ・

キャノン(日本の大砲)」なるものがあるようなので、

それを見てみようかと。

 

地図に記載されているあたりに来たのですが、どこに

あるのかよく分かりません。

 

イントラムロスの西の端を走るサンタルチアストリートを

歩いてみます。

 

ライト&サウンド ミュージアム。

 

クアルテル デ サンタルチアという1781年に建設された

兵舎跡、壁の一部が残っています。1901年にはフィリピン

警察の本部としても使用されていました。

 

 

 

この先でイントラムロスを囲む砦に上がって行けます。

 

このあたりはサンタルチア要塞というようです。

 

すぐ脇にはゴルフ場があります。

 

 

8時になったので、イントラムロスの南西の角にある

サンディエゴ要塞(堡塁)に行ってみましょう。

 

イントラムロスで有名なのは、サンチャゴ要塞ですが、

これから行くのは「サンディエゴ」要塞です。

 

ここは有料で入場料75ペソ。

 

きれいに整備された庭園があるのですが、後回しにして

先ずは要塞に登ってみます。

 

これがジャパニーズ キャノンじゃないよね?

 

 

何と言ってもサンディエゴ要塞の一番の見どころ、

不思議な3重の円状・サークル状の建造物(壁)。

 

一番外側の壁は、1番内側&2番目とは材質が異なり、

先に造られたもので、別構造のようです。内側の2つは

円柱状の塔の跡みたいですね。給水塔?

 

向こうにエルミタの高層ビル群が見えます。

 

 

見張り台?

 

砦のすぐ下にはイントラムロス ゴルフ クラブ。

 

盆栽がたくさん展示されています。

 

中国発祥で、日本で進化した盆栽ですが、フィリピンにも

盆栽の文化があるんですね。ベトナムでも結構見ます。

 

そろそろ帰ろうかと、最後に一番東の端まで見回って

いたところ・・・

 

もしかして、これがジャパニーズ・キャノン?

 

周りを探してみたのですが、下に降りられるような

階段はなかったと思います。

 

下の庭園を後から見るつもりでしたが、すっかり

忘れていました。

 

サンディエゴ要塞は上から見ると、スペードのエースの

形をしているし、三重のサークル状の構造物があったり、

個人的にはサンチャゴ要塞より興味深く見学出来ました。

 

サンディエゴ要塞周辺の地図とホテル

マニラ 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: フィリピン タグ: , , パーマリンク