美心茶楼で飲茶・点心 マニラ・チャイナタウン

 

まだ17時前と早いのですが、夕食にしようと思います。

今日は10時過ぎに朝食兼昼食を食べたきりなんですよ。

 

事前に目星を付けていた「東北水餃」という店に行った

のですが、餃子の注文は最低40個からなんて言われます。

 

「小さいから40個でも大丈夫、食べられる」

 

確かにそうかもしれないけど、餃子だけでお腹一杯に

なってしまい、他の料理が食べられないのはなあ・・・

 

発注単位がもっと少なくならないか頼んでみましたが、

断られたので、この店は諦めることに。

 

完全に当てが外れてしまいました。

 

チャイナタウンのメインストリート、オンピン通りで

店探しです。

 

レストラン・食堂もあるにはあるのですが、それほど多くは

ないんですよね。

 

なかなかこれという店がないし、お惣菜や焼き小籠包など

を買って、ホテルで食べようかなと思っていたところ・・・

 

「美心茶樓(Mei Sum Tea House)」という店を発見。

 

店頭で蒸篭や焼包(肉まん)が並んでいるので、

點心・飲茶のお店のようです。

 

 

ここにしよう。

 

店内は薄暗いだけなのか、それとも汚れているのか

場末感満載。失敗したか・・・

 

豉汁蒸鳳爪(鶏の足の豆豉蒸し)、好きな点心の一つで

よく注文します。

 

あれっ?意外と悪くないぞ。

辛味はなく、豉汁が濃厚でコクがあります。

 

ここもタイ南部などと同じく、点心は基本フォークで

食べるのかな。頼めば箸も出てきますが。

 

パンシット・カントン、広東風焼きそばです。

しかし、すごい量だな。2~3人前はありそう。

 

結構、具だくさんです。

 

繊細な味とは無縁ですが、お腹が空いているので、

こういう料理はありがたい。

 

25分くらい掛かると言われたけど、注文したマチャン

(バチャン)、漢字で書くと肉粽です。

 

これもデカいなあ。

 

中には豚、鷄、ピーナッツ・・・と定番の具が入って

いましたが、粽自体は薄味でちょっとぼやけた味付け。

個人的にはイマイチでした。

 

こちらも25分と言われ、それ以上待っても出て来ず、

催促してやっと出てきたハーガオ(蝦蒸餃子)です。

 

もうお腹一杯で、オーダーが通ってないならキャンセル

したかったのですが、そう言ったら、すぐに出てきました。

 

中のエビに香港のようなプリプリ感はないです。

これはエビが高級とか新鮮とかは関係なく、重曹で

下処理しているかどうかの違い。

 

でも皮はちゃんとしていて、これも悪くない。

 

この美心茶樓、入った時は完全に失敗したか?と

思いましたが、食べてみると悪くはなかったです。

決しておすすめって程でもないですけど。

 

お値段は点心類が80~100ペソ程度、パンシット・

カントンが220ペソで、合計501ペソでした。

 

お店の場所は、オンピン通りをキャリエドファウンテン

(サンタクルーズ教会)側から入って3分ほど、最初の

四差路を過ぎてすぐ右手。

 

マニラ・チャイナタウン周辺の地図とホテル

マニラ 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: フィリピン タグ: , パーマリンク