ザ マニラホテル 旅行記・口コミ・評判

 

マニラ最終日は、ザ マニラ ホテル(The Manila Hotel)

に宿泊しました。

 

スーペリアデラックスという部屋を予約、料金は1泊

税・サ込、朝食なしで10,703円(5,349ペソ)。

 

あれっ、マニラホテルってこんな料金で泊まれるの?

思ってたほど高くないので、予約してみました。

 

1912年開業と100年以上の歴史があり、最近は近代的な

世界的チェーンホテルに押され気味ですが、マニラを

代表するホテルです。

 

ロケーションはエルミタの北の方、マニラ湾に面した

ところ、すぐそばにイントラムロスとリサール公園が

あります。

 

周りにレストラン・カフェなどほとんどないのですが、

裏手のボニフェイシオ・ドライブと25thストリートの

角にあるPTTのガソリンスタンドに、コンビニのセブン

イレブンやピザ・シェイキーズが入っています。

 

ホテルに裏口がないので(従業員用と思しき通用口は

ありましたが)、正面から出て徒歩5分くらい掛かります。

 

また予約制のバンによる無料シャトルサービスあり。

 

イントラムロス・チャイナタウンを周るルートがホテル発

9:00/13:00/15:00の3便。15時の便を利用しましたが、

乗客は私一人だけでした。

 

ドロップオフポイントは、サンチャゴ要塞、マニラ大聖堂、

サンアグスチン教会、ラッキーチャイナタウンモール&

168ショッピングモール。

 

もう一つロビンソンプレイスとSMモールオブアジアを

回るルートが、ホテル発10:00/12:00/14:00の3便。

 

いかにも歴史がありそうなコロニアル風の建物ですが、

大半の部屋は後方に見えている新館にあります。

the_manila_hotel_facade_1

 

新館の部屋は西向きのマニラ湾側と東向きのシティ・

イントラムロス側のどちらかになります。

the_manila_hotel_facade_2

 

エントランス・ロビーは旧館にあり、豪華な雰囲気で

風格を感じます。

the_manila_hotel_lobby_1

 

エントランスを入ると、人間用のゲート式のセキュリティ

チェックに加え、荷物を通す機械もあり、空港とほぼ同じ

ような感じです。毎回なのでちょっと面倒臭い。

the_manila_hotel_lobby_2

 

部屋は1225号室。

 

不快感はないですが、少しくたびれた印象を受けます。

特にカーペットの端は汚れと少しめくれあがっている

部分あり。

the_manila_hotel_bedroom_1

 

マニラホテルという名前があるので、重厚な印象を

受けますが、それがなければ、ただの少し古めの

ホテルと感じるかもしれません。

 

ベッドの寝心地は普通ですが、このクラスのホテルと

しては、あまりレベルは高くないと思います。

the_manila_hotel_bedroom_2

 

ベッド脇にはドッキングスピーカー。

the_manila_hotel_bedroom_3

 

テレビには日本語チャンネルとして、NHKワールド

プレミアムとアニメ専用アニマックスがありました。

the_manila_hotel_bedroom_4

 

窓からはマニラ湾が望めます。

the_manila_hotel_view_1

 

もしかして有名な「マニラ湾の夕日」が部屋から

見られる?と思って、日没前に帰って来たのですが・・・

 

残念乍ら、周りの空が多少赤くなっているくらいで、

雲でサンセットは見られませんでした。正面に見える

のは、バターン半島先端にあるマリベレス山。

the_manila_hotel_view_2

 

the_manila_hotel_bedroom_5

 

鏡台兼ワーキングデスクは過不足ない広さですが、

電源コンセントが下の方の使い勝手が悪い場所にあり、

やはり昔の設計という感じです。

the_manila_hotel_bedroom_6

 

冷蔵庫、ポット、無常の水・インスタントコーヒーなど。

the_manila_hotel_bedroom_7

 

冷蔵庫は最初空でしたが、しばらくするとスタッフが

ミニバーを補充にやってきました。

 

クローゼットは木製の透かしの扉で洒落ていますね。

the_manila_hotel_closet_1

 

セーフティボックス、懐中電灯、ソーイングキット。

the_manila_hotel_closet_2

 

バスローブにスリッパ。

the_manila_hotel_closet_3

 

アイロン・アイロン台も置いてありました。

the_manila_hotel_closet_4

 

続いてバスルーム。

 

こういう大理石風の洗面台もちょっと昔のデザインと

いう印象です。

the_manila_hotel_bathroom_1

 

バスタブはゆったりした広さ。

the_manila_hotel_bathroom_2

 

バスルームにはテレビが付いています。

the_manila_hotel_bathroom_3

 

試しにテレビをオンにしたものの、それ以降リモコンが

作業しなくなってしまい、消すこともボリュームを下げる

ことも出来ず、大きな音がバスルーム内に鳴り響きます。

 

ちょうどミニバーの補充に来たスタッフに伝えると、

すぐにハウスキーピングの女性が替えのリモコンを

持って来てくれました。

 

どうせなかなか来ないんだろうなと思っていたら、

すぐに来てびっくりしました。さすがマニラホテル?

 

バスタブの他に、独立したシャワーブースもあります。

こちらは無駄なくらい広かったです。

the_manila_hotel_bathroom_4

 

お湯の温度や量・水圧は全く問題ありません。

 

アメニティグッズは、シャンプー、コンディショナー、

シャワージェル、ボディローション、歯ブラシ・歯磨き粉、

石鹸、シャワーキャップ、サニタリーバッグ、バニティキット。

the_manila_hotel_bathroom_5

 

タオルはバスタオル、フェイスタオル、ハンドタオルの

3サイズ揃っています。

 

トイレにはTOTO製「エコウォッシャー(Eco Washer)」

という簡易式のウォシュレットが付いています。

the_manila_hotel_toilet_1

 

エコウォッシャーはインドネシアのホテルでよく目に

します。

 

インドネシアでは便器の蓋(開けたら見える側)に

使用方法のシールが貼ってあるのですが、このホテル

にはないので、多くの人は存在さえ気付かないかも

しれません。

 

便器の脇についているこのつまみを回すと水が出て

来ます。水の強弱のみ調整可能です(温水でもあり

ません)。

the_manila_hotel_toilet_2

 

(参考)

マニラ ウォシュレット・シャワートイレのあるホテル・サービスアパート

 

プールとフィットネスジムは、2階から廊下を通って

階段を下りたところにあり(実質G階?)、かなり

歩きます。

the_manila_hotel_pool_1

 

the_manila_hotel_pool_2

 

the_manila_hotel_fitness_1

 

the_manila_hotel_fitness_2

 

朝食なしの予約にしたので、ホテルでは食べていません。

 

夕方部屋に戻ってきたら、ベッドが整えられ、

チョコと水の補充といったターンダウンサービスが

為されていました。

 

周辺に何もない場所にありますが、私はイントラムロス

とチャイナタウン・ビノンド観光が目当てでしたので、

その意味では良い立地でした。

 

部屋は少し古めで特に良いわけではなかったですが、

歴史あるマニラホテルにそれほど高くない料金で泊まれた

ことは満足です。特に重厚なロビーは印象に残りました。

 

ただベルボーイの仕事ぶりには大きく疑問を感じました。

タクシーで到着した際、荷物を受け取りにも来なかったし、

更に私が自分で運んでいても、誰も来ません。

 

チェックイン後も部屋まで運んでくれることもなく。

 

大した重さの荷物でもないし、自分で運ぶことは全く

問題ないのですが、このクラスのホテルではありえないと

思います。

 

そういう作業マニュアルなのか、アジアの高級ホテルで

たまにある西洋人客に媚び諂い、東洋人客は無視の態度

なのでしょうか?

 

料金が思ったほど高くないのも、この辺りに理由が

あるのかもしれません。

 

またいかにも水商売風のフィリピン女性を連れた西洋人

男性もチラホラ見ました。

 

ホテルからマニラ・ニノイアキノ空港ターミナル2まで

平日の昼頃でしたが、ホワイトタクシー(通常のタクシー)

で約30分、料金は170ペソ程度でした。

 

ザ マニラホテルの客室タイプ・料金を調べる

マニラ その他のホテル・サービスアパート宿泊記

リサール公園周辺の地図とホテル

マニラのホテル

 

Related Post

カテゴリー: フィリピン タグ: , パーマリンク

ザ マニラホテル 旅行記・口コミ・評判 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 不思議な構造を持つサンディエゴ要塞 マニラ・イントラムロス | 泊まりたいアジア

  2. ピンバック: 世界遺産 サン アグスチン教会で結婚式に遭遇 マニラ・イントラムロス | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。