フィリピン航空PR2198 マニラ・ラワグ線 エアバスA320 旅行記・口コミ・評判

 

マニラ・ニノイアキノ空港の無料シャトルバス

ターミナル3からターミナル2へ移動しました。

 

これからフィリピン航空の国内線でラワグ(ラオアグ)へ

行くのです。

 

当初はターミナル3にあるラゲッジストレージサービスに

スーツケースを預けて身軽になり、片道は夜行バスを

経験しようとも思ったのですが・・・

 

肉体的疲労、待ち時間、バスターミナル・空港への移動

などを考慮した結果、往復飛行機にしました。

 

一番の理由は、長距離バスで疲れて、本来の目的である

観光に影響する可能性があると思ったからです。疲れると

ついつい見学が適当になってしまい、最悪は行くのを

止めてしまうんですよ。

 

長距離バス以外に、ラワグ・ビガン周辺でもちょこちょこ

バスやジプニーに乗ることになりますし、体力温存です。

 

フィリピン航空の国内線ですが、チェックインカウンターは

行先別に分かれていまして、ラワグ行きは17番カウンターと

表示されています。

 

17番はビジネスクラス用みたいなんだけど、いいのかな?

pr2198_jun2018_1

 

待ち時間なしでチェックイン完了。

 

することもないので、すぐに保安検査へ向かいます。

 

搭乗ゲートの並ぶエリアにはカフェ・キオスク的な店が

いくつかあります。

pr2198_jun2018_2

 

pr2198_jun2018_3

 

シンガポールの有名なヤクン・カヤトーストもあり。

時間つぶしも兼ねて食べようかと思いましたが、結構

混んでいたので止めました。

pr2198_jun2018_4

 

ゲートの確認、ラワグ行きのPR2198便です。

2Pというのはフィリピン航空の子会社、PALエクスプレス。

この便はPALエクスプレスの運航です。

pr2198_jun2018_5

 

19:15発のフライトなのに、この時16:45・・・

まだまだ時間あるなあ。

 

使用機材はエアバスA320-200。

pr2198_jun2018_6

 

暇なので、ひじ掛けのないイスを探して、横になって

寝てみたり、ターミナル内をブラブラしてみたり・・・

pr2198_jun2018_7

 

このターミナル2は日本のODAで建設されたんですね。

pr2198_jun2018_8

 

18:45にボーディング開始の予定でしたが、18:25から

始まりました。

pr2198_jun2018_9

 

座席配置は3-3、私の座席は窓側の19F。

pr2198_jun2018_10

 

この日はエコノミークラスのみ177席(片側29列と30列)

の機材なので、シートピッチは一般的な30列180席の

LCCと同じ28~29インチだと思います。

pr2198_jun2018_11

 

窓側の席だったのですが、奥へ入って行くのにすごく

窮屈でした。

pr2198_jun2018_12

 

シートの座面の奥行きが長いので、前のシートとの

間隔が狭いのでしょうか?

 

色んなLCCにも乗りましたが、こんな奥に入りにくいと

感じたことはなかったです。

 

機内エンタメ用のモニターは勿論ありません。

pr2198_jun2018_13

 

私の隣は空席でしたが、全体的には結構埋っていました。

pr2198_jun2018_14

 

このマニラ・ラワグ路線、以前はセブパシフィックも

飛んでいましたが、現在はフィリピン航空のみ。

 

ボーディング開始は予定より20分も早かったのですが、

滑走路の混雑で離陸出来たのは、スケジュールより

20分程度遅延していました。

 

離陸後しばらくして、軽食が配られます。

pr2198_jun2018_15

 

チキンソーセージのパンでしたが、お世辞にもおいしいとは

言えませんでした。いかにも安っぽい感じ。

pr2198_jun2018_16

 

ドリンクサービスもなかなか来ず、食べ終わってかなり

経過してから。選択肢は「水」のみです。

pr2198_jun2018_17

 

1時間弱のフライトでラワグに到着。

前後の出口からタラップで降り、歩いてターミナルへ。

pr2198_jun2018_18

 

pr2198_jun2018_19

 

一応国際空港で以前は中国東方航空が広州から直行便を

運航していたこともあるようです。

 

受託手荷物のテーンテーブル、短っ!

乗客数と全然見合っていません。

pr2198_jun2018_20

 

この航空券は、提携しているANAにマイレージが付く

予約クラスでしたが、6月14日に搭乗して、7月5日に

加算が確認出来ました。わずか128マイルですけど。

 

この後に利用した16日、19日の分も同時でしたので

(24日分はまだ加算されず)、ある程度まとめて処理

しているのかな。

 

ラワグには着きましたが、ここからラワグ市内まで

どうやって行くかが問題です。事前にネットで検索しても

よく分かりませんでしたので。

 

その他のフィリピン航空の搭乗記を見る

海外航空券+ホテルはサプライス

マニラ 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

ラワグのホテル

 

Related Post

カテゴリー: フィリピン タグ: , , パーマリンク

フィリピン航空PR2198 マニラ・ラワグ線 エアバスA320 旅行記・口コミ・評判 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ラワグ空港(ラオアグ空港)からラワグ市内への行き方・交通機関 | 泊まりたいアジア

  2. ピンバック: フィリピン航空PR2199 ラオアグ・マニラ線 搭乗記・口コミ・評判 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。