香港エクスプレスUO622 香港・東京羽田線 エアバスA321 旅行記・口コミ・評判

 

帰国はHKエクスプレスのUO622便です。

 

出国(出境)審査の列に並んでいると、また自動化ゲートの

方へ行けと促されます。

 

日本のパスポート全てなのか、私のパスポートだけの

問題か分かりませんが、香港の自動化ゲートではエラー

が続いて、読み取りがうまくいかないんですよ。

 

係員がやるとうまくいくんですけど。

 

搭乗ゲートは202番、やはりミッドフィールドコンコース。

新しくてきれいですが、ターミナル1の先に離れ小島みたいに

なっているところなので遠いのです。

uo622_apr2018_1

 

今回香港エクスプレスで香港空港発着が夫々2回あり

ましたが、4回全てミッドフィールドコンコースでした。

 

使用機材は往路のUo625便と同じくエアバスA321-200。

uo622_apr2018_2

 

エアバスA321-200は1年半ほど前から導入された機材

なので、新しくてモダンな内装です。

uo622_apr2018_3

 

私は12Cを座席指定していました。

 

1つ前の11列目が非常口席でスイートシートになって

いるのですが、11A/11Fは席がなく、その為足下が広い

12A/12Fもスイートシートになっています。

uo622_apr2018_4

 

12Aはサラリーマン風の日本人男性が座っていまして、

隣の12Bは空席でラッキーでした。

 

シートの背もたれが薄いせいか、膝のところは一般的な

LCCより多少余裕があるように感じました。

uo622_apr2018_5

 

但しシート幅は少し狭いような気がします。

今回は隣が空席で良かったですが。

 

日本人フライトアテンダントが1名乗務しているとの

機内アナウンスあり。

 

香港エクスプレスの香港・羽田線に乗るのは8回目ですが、

日本人CAが乗務している時としていない時があります。

 

エアバスA321のシートはコーポレートカラーの紫色が

ベースになっていますが、スイートシートは赤(えんじ色)。

エアバスA320の黒よりは大分良いですね。

uo622_apr2018_6

 

テーブルが少し変わった形状です。

uo622_apr2018_7

 

羽田までは約4時間のフライト。

旅の最後で疲れていたので、ウトウトしていたら

あっという間でした。隣が空席で楽でしたし。

 

このUo622便はスケジュール上、羽田着が23:15なので、

遅延して終電に乗れなくなることが結構あるようですが、

この日は遅れもなく、電車で帰宅出来ました。

 

香港エクスプレスのCAさんって、ユニフォームも対応も

落ち着いた感じです。エアアジアのイケイケギャル風とは

かなり違いますね。

 

以前からLCCの中では香港エクスプレスが一番好きかなと

思っていましたが、使用機材がエアバスA321だと更に良い

感じです。

 

その他の香港エクスプレスの搭乗記を見る

8月から燃油サーチャージが上がる前に

香港国際空港周辺の地図とホテル

香港のホテル

 

Related Post

カテゴリー: 香港 タグ: , パーマリンク