ラオス国営航空 エアバスA320-200

 

ラオス国営航空(Lao Airlines)がエアバスA320-200を受領して

います。

 

ラオス国営航空の飛行機はたまにバンコクのスワンナプーム空港で

見ることがありますが、ちょっと頼りなさげなプロペラ機のATR72

でしたね。

 

過去にはエアバスA320やボーイング737などのジェット機を保有

していたこともありましたが、現在保有?稼働?しているのはこの

プロペラ機のATR72だけです。

 

このATR72というと、サムイ島に行く際に利用するバンコク

エアウェイズでもお馴染みです(最近は、エアバスA319やA320も

飛んでいますが)。

 

ラオス国営航空はエアバスA320-200を2機発注しており、もう1機も

来月にデリバリーされる予定です。この2機が使用されるのは、

 

ビエンチャン・シンガポール線(QV535/QV545)

ビエンチャン・バンコク線(QV414/QV424)

ビエンチャン・ホーチミン線(QV515/QV525)

 

といった東南アジア各都市への国際線のようです。

 

ラオス国営航空がついに新造のジェット機を使用する時代になった

んですねえ。

 

ビエンチャンのホテル

ルアンパバンのホテル

 

Related Post

カテゴリー: ラオス タグ: , パーマリンク