チュアン元首相の自宅訪問 トラン

 

もう15時近く、そろそろ行こうかな。

 

これからトラン出身の政治家、チュアン・リークパイ

元首相の自宅?実家?へ向かいます。

 

トラン駅前から歩いても15分程度だと思いますが、

暑いし疲れていたのでバイクタクシーで行きました。

料金は20バーツ。

 

こちらがチュアン元首相のご自宅です。

首相時代には利用されていたと思われる警察官の

詰所がありますが、現在は無人です。

baan_nai_chuan_1

 

ではお邪魔します。

baan_nai_chuan_2

 

・・・

 

お前がなんでチュアン元首相と知り合いなんだよと

思われたかもしれませんが、

 

私はチュアン元首相と知り合いでも何でもないし、

当然アポなんてものもありません。

 

チュアン氏の自宅は観光客に開放されているのです。

勿論、建物の中には入れず、庭だけですけどね。

 

木の化石。

baan_nai_chuan_3

 

baan_nai_chuan_4

 

baan_nai_chuan_5

 

baan_nai_chuan_6

 

baan_nai_chuan_7

 

この小さいうちわみたいな白い花は、東南アジアでわりと

よく見るような気がします。

baan_nai_chuan_8

 

画像検索したら、スパティフィラムという名前でした。

 

これは蟻塚なのかな?

お賽銭?のコインもチラホラあって、祀られている

ような感じがしました。

baan_nai_chuan_9

 

建物の中には入れません。

baan_nai_chuan_10

 

これはレッドボタンジンジャー。

東南アジアの植物園・公園などで何度か見たことが

あります。印象的な形状・色なので記憶に残りやすい。

baan_nai_chuan_11

 

蕾が集まった状態ですが、向かって左の先っちょは

花が咲きかけています。

 

baan_nai_chuan_12

 

baan_nai_chuan_13

 

鮮やかな赤紫色の葉を持つコルディリネ(千年木)。

これも東南アジアではよく見るので、以前調べたことが

あります。

baan_nai_chuan_14

 

ゲンペイカズラ。

baan_nai_chuan_15

 

グーグルで「熱帯 白と赤の花」と画像検索したら

すぐに分かりました。旅行中に見た植物の名前を

何度か調べたことがありますが、意外とこんなレベルの

検索で分かるんですよ。

 

孔雀などの鳥も飼われています。

baan_nai_chuan_16

 

baan_nai_chuan_17

 

スプレーの着色でもここまでは出来ないでしょ?

という感じのカラフルな鳥。

baan_nai_chuan_18

 

baan_nai_chuan_19

 

グループの見学客がやって来ました。

baan_nai_chuan_20

 

baan_nai_chuan_21

 

baan_nai_chuan_22

 

広大と言うほどではありませんが、それでもちょっと

した公園程度の広さはあります。

 

太陽がガンガン照り付ける中、多くの樹木で日陰が

出来ていて涼しいし、何より緑の中を歩くのは気持ちが

良いですね。

 

チュアン元首相は清貧の政治家と呼ばれていますが、

そうは言ってもかなり裕福そうです。この自宅が

ご本人の名義になっているのかは知りませんが。

 

チュアン氏のご自宅(バーン ナーイ チュアン)は

トラン駅からラーマ6世通りを東に進み、クロックタワー

(時計塔)で右折、ウィセートクン通りを南へ

500メートルほど行ったところ。

 

トラン・クロックタワー周辺の地図とホテル

トランのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , , , パーマリンク