タイで最初のゴムの木と旧日本軍のトンネル トラン県カンタン

 

カンタンに着きましたが、1日1本しかないトランへの

帰りの列車が出る約1時間半後までしか時間がありません。

 

とりあえず、カンタンでやりたいことは・・・

 

1)カンタン駅見学(これは既に完了)

2)タイで最初のゴムノキ見学

3)昼食にラートナーを食べる

4)カンタンの街歩き、古いショップハウスを見学

 

駅を出たところでバイクタクシーに声を掛けられます。

 

地図で見ると、ゴムの木まではざっと1.5kmくらい。

歩いて行けないことはないのですが、歩くと時間を

消費して他の予定が出来なくなってしまいますので、

ちょうど良かった。

 

往復50バーツということで話が付きました。

 

これが、タイで最初のパラゴムノキです。

1st_para_rubber_tree_kantang_1

 

1st_para_rubber_tree_kantang_2

 

元トラン県知事のプラヤー・ラッサダー(許心美)が

こっそりマレーシア(当時の英領マラヤ)からゴムノキの

種を持ち帰ったものらしい。

1st_para_rubber_tree_kantang_3

 

見たってどうってことありません。

とりあえず画像だけ撮影して、1分で終了。

 

バイクタクシーの運転手が、近くに日本軍のトンネルが

あるから行かないかと提案して来ました。

 

時間もありそうだし、行ってみますか。

 

結局、カンタン駅→ゴムの木→トンネル→昼食の食堂→

カンタン駅と回って、120バーツということになりました。

 

その旧日本軍のトンネルにはバイクですぐに到着。

こんな近くだったの。

 

一帯はタムナックチャン公園というようです。

tamnak_chan_park_1

 

大砲(というほど大きくないですが)もあります。

 

こちらが旧日本軍の掘った?洞窟・トンネル。

tamnak_chan_park_2

 

ウモーン・コーン・タップ・イープン

日本軍のトンネル

サマイ・ソンクラーム・ローク・クラン・ティー2・ポーソー2482-2488

第二次世界大戦(仏暦2482-2488=西暦1939-1945)時代

tamnak_chan_park_3

 

こんな小さな町にも日本軍が来ていたのかと思って

調べてみると、確かにカンタンにも小規模ですが

駐屯していたようです。

 

カンタンは鉄道も引かれているし、港もあるし、

ロジスティックス(兵站)には重要な拠点かもしれない

ですね。

 

トンネルの中に入ってみます。

tamnak_chan_park_4

 

運転手は駐車場のところで待っているんだと思ったら、

付いてきました。

 

一人の方が怖いのか、二人の方が怖いのか・・・

 

トンネルの中は特に何があるわけでもなく。

tamnak_chan_park_5

 

特に旧日本軍とカンタンの歴史が説明されている

わけでもなく、日本人の私でさえ、ほとんど興味なし

という感じでしたので、誰がわざわざ来るんだろうと

思います。

 

トンネルを出ると少し開けたところに出ます。

 

トラン川。

tamnak_chan_park_6

 

あれは海に浮かぶ島だよね?

tamnak_chan_park_7

 

あまりゆっくりしている時間もないので、昼食の

レストランへ向かいます。

 

トラン川沿いの通りでバイクが停まります。

 

これが見せたかったみたい。

運転手が「パユン、パユン」と言うのですが、タイ語で

パユンって何だっけ?

kantang_port_1

 

像を見る限り、ジュゴン?マナティー?

 

調べたらジュゴンみたいです。

 

マナティーもタイ語でパユン・マナティー、パユンの

一種ではありますが、アジアには生息していません。

 

この後、トランタウンでもジュゴンの像を見たので、

カンタン独自のものではなく、トラン県を代表する

動物になっているのでしょう。

 

対岸からのボートというかフェリー。

一応、車も運べます。

kantang_port_2

 

昼食を食べた食堂前にあったコンテナーヤード。

kantang_port_3

 

それでは昼食にしたいと思います。

 

カンタン駅周辺の地図とホテル

カンタンのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , , パーマリンク