油条・揚げパンのタイ語 パートンコーは勘違いだった トランで点心・飲茶

 

ホテルの予約に朝食は付いていないので、外へ食べに

行きます。

 

ここトランでもプーケット、クラビー、スラータニー、

ハートヤイなど他のタイ南部の都市と同様に、朝早くから

ディムサム(點心)の店がいくつも営業していて、

飲茶が楽しめます。

 

ホテルを朝6時半には出まして、やって来たのは、

ポンオーチャー1(Pong Ocha 1)というお店。

pong_ocha_dim_sum_trang_1

 

店頭にはドーンと豚の丸焼き「ムーヤーン」が置かれて

います。

pong_ocha_dim_sum_trang_2

 

pong_ocha_dim_sum_trang_3

 

pong_ocha_dim_sum_trang_4

 

点心のメニュー。

pong_ocha_dim_sum_trang_5

 

何にしようかな。

 

いつも同じような点心ばかり注文してしまうので、

今日こそはちょっと違ったものにしよう。

 

あれっ?

 

これってパートンコーじゃないの?

イウ チャー クワイって書いてあるけど。

pong_ocha_dim_sum_trang_6

 

そしてパートンコーならぬパクトンコーなるメニューも

ありますよ。

pong_ocha_dim_sum_trang_7

 

油条(揚げパン)はタイ語でパートンコーと言います。

 

でもなんかしっくりこないと思っていたんです。

 

中国語・広東語ではヨウティヤオ、ヤウティウ・・・

中国発祥の食べ物なのにタイ語は全然違う。

 

粿條(クイッティオ)なんかは、中国語もタイ語も

ほぼ同じ発音なのに。

 

でもパートンコーも中国語起源っぽいんですね。

マーライコー(馬拉糕)にも響きが似ているし。

 

お店の人に聞くと、パートンコーというのは

昔、一緒に売られていたパイタンコー(白糖糕)が

油条を指す言葉とタイ人が勘違いしたのが語源らしい。

 

そのパイタンコー(白糖糕)が上のメニューにある

パクトンコーです。

 

イウチャークワイは油条の別の呼び方「油炸粿」から

来たもの。

 

うわっ~、すごい納得。

これを知れただけで、ここに来た価値があったかな。

 

飲み物はやっぱりカフェボーラン(古式コーヒー)が

雰囲気出ますわな。

pong_ocha_dim_sum_trang_8

 

コーヒーでも飲茶と言えるのか分かりませんが・・・、

タイの場合、中国茶と食べる人は少ないです。コーヒー

以外だとミルクティーとかね。冷たい飲み物も多いかな。

 

カフェボーランは、袋状になった網みたいなものと

ポットを2つ用意。その網にコーヒー粉を入れて、

お湯を注ぎ、抽出されたコーヒーをまた何度も繰り返し

網(コーヒー粉)に通して濾した濃いコーヒーのこと。

 

豚のロースト「ムー ヤーン」がやってきました。

トランと言えばムーヤーン、ムーヤーンと言えばトラン

と言う位の名物料理、マストイートです。

pong_ocha_dim_sum_trang_9

 

適度に塩味も付いていて、脂の甘みと一体になって

美味いです。表面はカリカリで香ばしいし。

 

続いてパートンコーではなく、イウチャークワイ。

pong_ocha_dim_sum_trang_10

 

正直、油条ってあまり好きじゃないのです。

ただ油っぽいだけって印象なんですよね。

 

ここではココナッツミルク、卵、砂糖から作られた

サンカヤー(カヤジャム)を付けて食べます。

pong_ocha_dim_sum_trang_11

 

あれっ?

 

美味いんですけど。

今まで油条もサンカヤーもあまり好きじゃなかったのに。

 

油と糖分でカロリー高そうですけどね。

美味いものは、体に悪いのです。

 

そしてパクトンコー。

pong_ocha_dim_sum_trang_12

 

ふわふわの食感の蒸しパンかと思ったら、少し重い

感じでしっとり・ねっとりしていました。

 

点心類は蒸篭を蒸しているカウンターでも注文出来ると

いうことで見に行ってみます。

pong_ocha_dim_sum_trang_13

 

pong_ocha_dim_sum_trang_14

 

注文した点心類がやってきました。

 

サーラーパオ。

pong_ocha_dim_sum_trang_15

 

ミニ肉まんって感じでした

pong_ocha_dim_sum_trang_16

 

豉汁蒸排骨、スペアリブの豆豉蒸し。

タイ語だとシー クロン ムー オップ タオチー。

pong_ocha_dim_sum_trang_17

 

点心の王道、ハーガウ、鮮蝦蒸餃。

pong_ocha_dim_sum_trang_18

 

カノムチープ プー、カニの焼売。

pong_ocha_dim_sum_trang_19

 

カノムチープ クン、海老の焼売。

pong_ocha_dim_sum_trang_20

 

pong_ocha_dim_sum_trang_21

 

点心を箸ではなく、フォークで食べるのがタイ流。

また点心は1点1点が小さめ、その分価格が安いですけど。

 

タイ南部のこうした庶民的な点心屋さんは、値段が

安いなりに、点心のレベルもあまり高くないのですが、

ここは意外と悪くなかった。

 

でもやっぱりマレーシアのペナン・イポーなどの

点心屋の方がクオリティーは高いと思います。

 

こういう光景、良いなあ。

pong_ocha_dim_sum_trang_22

 

pong_ocha_dim_sum_trang_23

 

カフェー ボーランの底には、やっぱり練乳が溜まって

いました。お好みで甘さを調整します。

pong_ocha_dim_sum_trang_24

 

これだけ食べてお会計は235バーツ(約800円)。

 

メニューには全く値段が書いてありませんでした。

点心類は1点20バーツくらいかな。

 

どうせ安いのは分かっているので、心配はなかった

ですけど。

 

ポンオーチャー1の場所は、トラン駅近くのカンタン

通り、ペットカセム通り(国道4号線)を北へ、左手に

町一番のホテル、タムリン タナ ホテルを見ながら、

その2~3分先。

 

営業時間は5~12時。この店に限らず、またトランに

限らず、こうしたタイ南部の飲茶店は早朝から昼過ぎで

終わりという店がほとんどです。

 

トラン駅周辺の地図とホテル

トランのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , , パーマリンク