トランのナイトマーケット

 

トランに到着後、シートランホテルにチェックイン

出来たのが20時頃、すぐにナイトマーケットへ夕食に

向かいます。

 

トラン市内(トランタウン)には2ヶ所のナイトマーケット

があるようです。

 

一つがこれから行くタラート・センターポイント

(タラート・タノン・ルーンロムとも呼ばれます)。

タイ語でタラートは市場、タノンは道路・通りの意味です。

 

もう一つがトラン駅前の広場で週末の金土日のみ開催

されるタラート・チャーンチャラー(タラート・タノン・

コン・ドゥーン)。

 

トラン駅前ならホテルのすぐそばで便利なのですが、

この日は火曜日ですのでやっていません。

 

ということでセンターポイント市場に行きます。

トラン駅やホテルの前のラーマ6世通りを東へ歩いて

行きます。

 

クロックタワー(時計塔)のあるロータリーを過ぎ、

政府や県の機関が並んでいるところの先の路地、

ソイ・ルーンロムで開催されています。

 

ホテルのスタッフに歩いて何分くらい?と聞いたら、

「う~ん、15分、いや20分かな」との回答でしたが、

10分ちょっとで着きました。

 

但し、駅・ホテルからマーケットへは微妙に登り坂で、

移動疲れの体にはしんどかったです。

 

洋服・アクセサリー・雑貨は興味なし。

center_point_market_trang_1

 

center_point_market_trang_2

 

さあ、食べ物、食べ物。

center_point_market_trang_3

 

center_point_market_trang_4

 

center_point_market_trang_5

 

center_point_market_trang_6

 

center_point_market_trang_7

 

center_point_market_trang_8

 

center_point_market_trang_9

 

center_point_market_trang_10

 

300メートルくらい続いているのかな。

大規模というほどではないですが、そこそこには

屋台・露店が並んでいました。

 

トラン名物のクラトントーン(Krathong Thong)を

探していたのですが、見つからなかったです。残念。

 

クラトーントーンとは、小麦粉を水で溶いて卵を

加えたものをカップ状に油で揚げ、それを容器として

色んな具材を入れる前菜的な料理です。

 

マレーシア・シンガポールのプラナカン(ニョニャ)

料理にクエ パイティーというのがありますが、それと

同じ起源っぽい。

 

マーケット内で食べられるテーブルなどはなく、

基本持ち帰りのみとなります。入口の小さな公園に

多少椅子があり、そこで食べている人もいましたが。

 

私が買ってきたのは、バッチャーン、20バーツ。

バチャーンは漢字で書くと肉粽。

center_point_market_trang_11

 

center_point_market_trang_12

 

center_point_market_trang_13

 

中の具は、豚肉、しいたけ、カイケム(塩卵)、栗・・・

あと何か甘いものが。最初バナナかと思いましたが、

タロイモ?

center_point_market_trang_14

 

そしてカーオ クルック カピ、35バーツ。

center_point_market_trang_15

 

カオ クルック カピは、海老味噌というかエビの発酵

調味料(蝦醤)を混ぜた炒飯です。

 

上に乗せる具は鶏肉、豚肉、クンチャン(中華サラミ)、

小エビなど色々ですが、いずれにしても甘く味付けされて

いるのが一般的です。

center_point_market_trang_16

 

後は錦糸卵、ホームデーン(赤玉ねぎ)、青マンゴー、

キュウリ、青唐辛子あたりが定番かな。

 

これらを全部混ぜ混ぜして食べます。

 

好きなんですよね、カオ クルック カピ。

それと一昨日、台湾・台南で蝦仁飯が食べられなかった

ので、エビに対する執着があったのかも。

 

このナイトマーケット、22時まで営業ということに

なっていますが、21時を過ぎるともう店仕舞いモード

でした。

 

トラン・クロックタワー周辺の地図とホテル

トランのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , , パーマリンク