ノックスクート 台北・バンコク線XW181 旅行記・口コミ・評判

 

高雄→台南→台北と周って来て、ここで台湾とは別れ、

タイ・バンコクへ向かいます。

 

利用したのはノックスクートXW181便。

朝9:40発なので、ホテルを6:30頃にチェックアウト、

MRT桃園機場捷運で桃園空港・ターミナル1に到着。

 

出発の約2時間前でしたが、少し行列になっていました。

xw181_jan2018_1

 

出発の3時間前にチェックインカウンターがオープン、

1時間前に締め切りとなります。チェックイン業務は

エバー航空の職員が請け負っていました。

xw181_jan2018_2

 

意外と早く順番が回ってきて、10分ほど待っただけで

チェックイン完了。

 

「出来れば通路側にして欲しいんですけど」

 

「シートはランダムなので・・・」

 

今回は予約時に座席指定していませんでした。

 

LCCでは基本的に座席指定のリクエストが出来ない

ことは理解していますが、親会社のスクートでは

出来た記憶があるんですよね。

 

それでノックスクートでもリクエストしてみましたが、

あっさりお断りされました。

 

渡されたボーディングパスの座席番号は45G。

指折り数えてみましたが、おそらく通路側でしょう。

一安心。

 

朝食がまだだし、これから食事の出ないLCCなので、

プラザプレミアムラウンジで食べ物を少し頂きます。

 

ボーディングの時間になりました。ナローボディ機の

エアバスA320とは違い、さすがに乗客数が多いので、

結構な行列。

xw181_jan2018_3

 

使用機材はボーイング777-200ER。

シンガポール航空→スクート→ノックスクートと

二段階のお下がり。

xw181_jan2018_4

 

機材の塗装は基本スクートなのですが、機首の部分は

鳥のくちばしになっていてノックエア仕様。

xw181_jan2018_5

 

機内に乗り込むと、

 

「サワディーカー」

 

一気にタイの世界です。

 

エコノミークラスの座席配置は3-4-3と10席並び。

xw181_jan2018_6

 

xw181_jan2018_7

 

45Gはやはり通路側でした。

3-4-3でABC-DEFG-HJKの番号が振られています。

xw181_jan2018_8

 

フライトアテンダントのユニフォームは、スクートと

似ていますが、スクートほどボディコンではなく、

スカート丈も少し長いような気がします。

 

LCCでも中長距離路線用なので、スタンダードシート

のシートピッチは31インチ(約79cm)と一般的な

レガシーキャリアのシートと大差ありません。

xw181_jan2018_9

 

LCCの場合、シートのリクライニングもごくわずかと

いう機材も多いですが、元シンガポール航空なので

リクライニングは結構深く倒れます。

 

その分、前の人が倒してくると圧迫感がありました。

 

今年のアジア大会はジャカルタとパレンバンで開催

されるんだ。SEA GAMES(東南アジア競技大会)

じゃなくて、アジア大会ね。

xw181_jan2018_10

 

機齢17年の古い機材で、デザイン的には何世代前?と

いう印象は否めませんが、シートのファブリックなどは

張替えられているので、そこまで古さは感じません。

xw181_jan2018_11

 

機内食を注文するつもりもないし、後はひたすら

寝ることにします。

 

バンコク・ドンムアン空港に到着。

xw181_jan2018_12

 

台北出発は約25分遅延しましたが、バンコクには

約15分早着、3時間20分ほどのフライトでした。

 

ノックスクートに乗るのは初めてでしたが、

ボーイング787に切り替わる前の昔のスクートには

乗ったことがありますので、それと同じです。

 

ノックスクートはバンコク・成田線の定期便就航の

噂もありますが、この路線はLCCのタイ・エアアジアX

だけではなく、ANA/JAL/タイ国際航空も増便した・する

ので難しいかもしれません。

 

新規就航でも、現在運航している親会社スクートから

ノックスクートへの移管であれば、ボーイング787から

古いボーイング777-200ERに代わるわけですから、

利用客にとっては悲報ですね。

 

8月から燃油サーチャージが上がる前に

台北のホテル

バンコクのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ, 台湾 タグ: , , パーマリンク