原鄉牛肉拉麺で絶品の牛肉麺 高雄

 

ホテルに戻るとぐったり、すっかり寝てしまいました。

 

起きるともう20時、夕食どうしようかな。

 

ホテルから歩いて10分ほどの「原鄉牛肉拉麵」という

牛肉麺屋に目を付けていたので、そこに行ってみます。

 

店前に行くと店内はかなり混雑しています。

やっぱり人気店なんだ。

 

一人くらいなら座れなくはないと思いますが、ちょっと

入りづらいなあ。

 

あのアウェー感たっぷりの中に入っていく元気がないわ。

 

仕方ないので、他にいいところがないかと周りを歩いて

みたのですが、これといってピンと来る店がなく、また

原鄉牛肉拉麺に戻ってきました。

 

まだ混雑しているのですが、意を決して(大袈裟な)

入ります。

 

ショーケースのあるカウンターのところで注文し、

空いている席も見つかりました。

yuanxiang_beef_noodle_4

 

メニューは大きく分けると、湯=スープありの拉麺と

乾=スープなしの拌麺に分けられ、それに小皿料理(小吃)

が色々あります。

 

個人的には汁無しの拌麺の方が好きなので、炸醤拌麺

いわゆるジャージャー麺に惹かれたのですが、やはり

ここは牛肉麺の店だし、王道で行くべき?

 

ということで、半筋半牛麺(乾=汁無し)150元を注文

しました。

yuanxiang_beef_noodle_5

 

期待に胸膨らませ、一口食べますと・・・

 

おおっ、何といっても麺が美味い。

 

見るからに私の好みに合いそうな気がしたのですが、

実際に食べてみてもおいしかったです。少し不揃い・

太目・縮れ気味の麺は、モチモチの歯応え。

yuanxiang_beef_noodle_6

 

煮込まれた牛肉も美味しいです。

 

底に少し入っているタレというかスープはピリ辛の紅焼系

でしょうか。紅焼の源流は中国・四川省で、四川出身の

中国人が台湾に持ち込んだと言われています。

yuanxiang_beef_noodle_8

 

今まで台湾で紅焼スープの牛肉麺を食べた経験では、

ちょっと濃くてしつこかったり、かなり辛かったり、

言ってみれば鋭角的な味だったのですが、ここのは非常に

まろやかでした。

 

ただ唯一残念だったのが牛筋(アキレス腱)。

牛筋は大好きなので、あえて半筋半牛にしたのに。

yuanxiang_beef_noodle_7

 

牛筋はたいてい棒状で出されますが、ここは輪切り。

 

一般的に煮込まれて周りが柔らかく、中心部は硬くて

ゴム状なのですが、ここは全体がゴム状の食感でした。

 

牛筋自体が冷たかったし、あまり煮込まれていないのかな。

この店はそういう調理法?

 

香醋で酸味とチリで辛味を少し足して、味に変化を

付けてもおいしいです。

yuanxiang_beef_noodle_9

 

20:30の閉店時間?ラストオーダー?間近というより

もう少し過ぎていたようにも思いますが、まだ入ってくる

お客さんもいます。

 

前に座った中華系の若い男性はブロガー?

出てきた料理を色々こねくりまわしたり、色々な調味料を

試してみたり、私以上に熱心に画像撮影していました。

 

帰りは少しお客さんも減っていたので、メニューをパチリ。

yuanxiang_beef_noodle_2

 

あれっ?また馬英九・前総統のサインがあります。

昨晩行った六合夜市のジュース屋台にもあったんですよ。

yuanxiang_beef_noodle_3

 

帰りはもう看板の電気も消えていました。

yuanxiang_beef_noodle_1

 

大満足の牛肉麺でした。特に麵が良かった。

今回高雄で食べた店の中では一番気に入りましたし、

また行きたいなあと思える店でした。

 

お店の場所は、台鉄&MRT高雄車站前の建國三路→

建国二路を東へ、林森一路を右折し、幸福川を越えて

すぐのところ。高雄駅から徒歩7分程度。

 

台鉄・高雄駅周辺の地図とホテル

高雄のホテル

 

Related Post

カテゴリー: 台湾 タグ: , パーマリンク

原鄉牛肉拉麺で絶品の牛肉麺 高雄 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 老牌牛肉拉麵大王で牛肉麺 台北・城中市場 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。