永和小籠湯包で小籠包と酸辣湯 高雄

 

午後からは鹽埕區(塩埕区)にやって来ました。

 

塩埕区は名前の通り、古くは塩田・製塩業が盛んだった

土地で、その後日本統治時代に高雄市役所(現在の高雄

市立歴史博物館)が置かれたことから栄えていたのですが、

現在は寂れてしまったエリアです。

 

MRT鹽埕埔駅で降り、まずは永和小籠湯包で昼食に

しようと思います。

 

新樂街から鹽埕街に入ってしばらく歩くと、看板が

見えてきました。

yonghe_steamed_dumpling_1

 

メニューは小籠湯包60元、酸辣湯25元、猪血湯25元の

3品のみです。

 

お店のある路地に入ったら、待っている客もいて、

結構混んでいます。やはり人気店みたいですね。

 

仕方がないので、近くの新樂街を散策してみます。

xinle_street_1

 

新楽街は金仔街・黄金街とも言い、銀樓と書かれた

宝石・宝飾・ジュエリー店が数多く並んでいます。

xinle_street_2

 

以前はこれらの銀樓が両替店も兼ねていたようです。

 

なんか歴史のありそうな建物が出てきましたよ。

保存状態は少し悪そうですけど。

xinle_street_3

 

昔の料亭・遊郭かなと思いましたが、「友松醫院」という

病院の跡でした。

xinle_street_4

 

xinle_street_5

 

こちらの恆信銀樓ですが、

xinle_street_7

 

大日本・明治八年・ONE YENという看板が。

xinle_street_8

 

ネットで検索すると明治8年発行の1円銀貨のことみたい。

希少な硬貨でかなりの値段が付くものらしい。

 

それを看板にしている意味は分かりませんが、両替商の

名残りなのか、現在も古銭商をやっているのでしょうか。

 

この王冠布行の建物も歴史ありそう。

xinle_street_6

 

しばらく時間を潰して、再度永和小籠湯包を見に行った

のですが、やはり混んでいました。

 

また周りをブラブラし、三度目に見に行った時にやっと

空いていたので、席に着きます。

 

道端にテーブルとイスを並べただけの屋台です。

yonghe_steamed_dumpling_2

 

yonghe_steamed_dumpling_3

 

yonghe_steamed_dumpling_4

 

注文した小籠湯包がやってきました。

yonghe_steamed_dumpling_5

 

小籠「湯包」というくらいですから、中には餡と

スープが入っていますが、ドバっと出てくるほどでは

ありません。

 

普通に美味しいですが、絶賛するほどではないかなあ。

但し、屋台ということもありますが、9個で60元という

値段はかなり安いと思います。

 

酸辣湯、25元。

yonghe_steamed_dumpling_6

 

う~ん・・・

 

正直、これは口に合わなかったです。

 

具だくさんではあるのですが、味が薄いんですよね。

ボケた味というか。台湾ではありがちですが。

 

酸味も辛味も中途半端だし、かといって繊細な出汁と

いうか旨味があるかというと、それも感じられない。

 

テーブルにある香醋とか調味料を入れてみましたが、

どうにもなりませんでした。

 

私が入った時はタイミングが良かったのか、空いて

いたのですが、またすぐに席は埋まり、待っている客が

いました。

 

小籠湯包は普通においしいし、コスパという意味では

良いかもしれませんが、ネットに書かれているような

「絶対にここは外せない」、「激ウマ」、「最高」とは

違いました。

 

永和小籠湯包の場所は、鹽埕街から大勇路99巷という

路地に入ってすぐ。MRT鹽埕埔駅から徒歩3分。

 

MRT鹽埕埔駅周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: 台湾 タグ: , パーマリンク