輕鬆足養生館でフットマッサージ 高雄・六合夜市そば

 

鳳山で最後の目的地は鳳山龍山寺です。

 

ここは少し離れているんですよね。

鳳山城隍廟・鳳儀書院からは1.5kmくらいはあるかな。

 

しかし足が痛い。

 

今朝から出来ていた足の裏のマメ・水膨れが酷くなり、

その痛さを避けようと変な歩き方になっているからか、

ふくらはぎの筋肉もパンパンに張ってきました。

 

ほうほうの体で何とか到着。

fengshan_longshan_temple_1

 

この鳳山龍山寺は、淡水、台北艋舺、鹿港、台南と合わせて、

台湾五大龍山寺と言うそうです。

 

足の痛さでもう見学する気力はほとんどないのですが、

せっかく来たので中に入ってみます。

fengshan_longshan_temple_2

 

中央の主祀は観音菩薩。

fengshan_longshan_temple_3

 

他の中国寺院同様に、仏教の仏様や道教の神様がたくさん

祀られていますが、

 

あれっ、このお方は。

fengshan_longshan_temple_4

 

縁結びの赤い糸でお馴染み、恋愛の神様の月老神君

(月下老人)ですね。

 

さて戻りますか。

 

しかしまた駅まで結構あるなあ・・・

 

歩いていますと、ごみ収集車が音楽を流しながらゆっくり

走っており、次々に周辺の住民がごみ袋を持ってやって来て、

収集車の中へ放り込んでいます。

garbage_truck_kaohsiung_1

 

台湾全土でそうなのか、高雄だけなのか分かりませんが、

そういうシステムなんですね。

 

この後は一旦ホテルに戻ってから六合夜市へ出掛けるつもり

でしたが、ホテルに戻らず、先ずはフットマッサージへ行く

ことにしました。

 

マメ・水膨れに触られると嫌なので、余り行きたくなかった

のですが、足の疲れがもう限界です。

 

MRTで美麗島駅に到着。

 

これが有名なステンドグラス「ザ ドーム オブ ライト

(光之穹頂)」ですな。

the_dome_of_light_1

 

やって来たのは、ネット検索で見つけて評判が良さそうな

「輕鬆足養生館」というフットマッサージ店。

foot_massage_kaohsiung_1

 

マッサージのメニュー。

foot_massage_kaohsiung_2

 

お願いしたのは下記2つのコース。

 

フットスパコース+上半身マッサージ 10分100元

脚底按摩(フットマッサージコースー) 30分300元

 

高雄で他のマッサージ店の前も何度か通りましたが、

フットマッサージは30分300元(10分100元)が相場

みたいですね。

 

マッサージチェアはゆったりしています。

foot_massage_kaohsiung_3

 

担当は比較的若めの女性マッサージ師。

男性の方が力があって好きなんだけどなあ。

 

ただ背は低いのですが、ぽっちゃり体型?いやそれ以上で

女性でも結構力はありそうです。

 

下だけボクサーパンツみたいなのに着替えます。

 

まずは足湯(フットスパ)をしながら、頭・肩・首などの

マッサージ。

 

思った通り、力強くて良さそうです。

 

足裏マッサージに移行して、

 

「30分300元?40分400元?」

 

と聞かれます。

 

メニューにはなかったのですが、40分400元もあり

みたいなので、そちらにして貰いました。

 

足裏のツボ押しの後、彼女の太いももに足を乗せられ

ゴロゴロと転がすようにマッサージ。

 

マッサージの途中、靴擦れでアキレス腱のあたりに

貼っていた絆創膏を勝手に剥がされました。

 

ガサツやなあ・・・

普通そういうのって、客に聞いてからしないか?

 

でもマッサージ後に新しい絆創膏を貼ってくれました。

ガサツだけどやさしいお姉さんでした。

 

バンコクなどで行く台湾式(若石式)のマッサージほど

強烈に痛くはないですが、そこそこ力強いマッサージで

悪くなかったです。

 

ふくらはぎがパンパンに張っていましたが、かなり楽に

なりました。

 

輕鬆足養生館の場所は、六合二路から民主横路に入って

1分ほどの左手、MRT美麗島駅11番出口から徒歩2分程度。

 

MRT美麗島駅周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: 台湾 タグ: , , パーマリンク

輕鬆足養生館でフットマッサージ 高雄・六合夜市そば への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 鹿港龍山寺 歴史ある鹿港で唯一の国定古蹟(一級古跡) | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。