阿成炒飯専売店 高雄の人気チャーハン店

 

11時半頃にホテルをチェックアウトし、荷物を預け、

昼食に向かいます。

 

昨晩行けなかったけど、吉林夜市にもう1軒行きたいお店が

あるのです。

 

それがこちらの阿成炒飯專賣店。

自強二路にも店舗がありますが、こちらが本店。

ah_chen_fried_rice_1

 

何かのアンケート調査で全台十大好吃炒飯、つまり

「全台湾おいしいチャーハン」ランキングで7位になった

ことがあるらしいです。

 

メニューにはすごい種類の炒飯があります。

ah_chen_fried_rice_2

 

櫻花蝦(桜エビ)の炒飯にしようと思って来たのですが、

迷うなあ。

 

ネットの情報で知っていましたが、マンゴー(芒果)や

ハニーカステラ(蜂蜜蛋糕)なんて変わり種チャーハンも

あるのですが・・・

 

初めて且つ今後いつまた来れるか分からないので、

それはないわな。やっぱりオーソドックスなメニューで。

 

人気ランキングみたいですね。

ah_chen_fried_rice_3

 

結局、日和って?1位の東港三寶炒飯を注文。

 

2位の「什錦炒飯」って何かと後で調べたら、五目炒飯

でした。直訳すると十種みたいですが。

 

そして3位がハニーカステラなのか・・・

 

私は店内(内用)で頂きます。

12時過ぎると混雑するかと思い、11:40頃に来たのですが、

他に客はいません。外帯(テイクアウェイ)の客が多い?

ah_chen_fried_rice_4

 

ah_chen_fried_rice_5

 

しかし種類が多いなあ・・・

ah_chen_fried_rice_6

 

ah_chen_fried_rice_7

 

数えてみると、普通の炒飯が56種類(50~100元)に

本店招牌(看板メニュー)として5種類あり。

 

招牌メニューは高級具材を使った炒飯で、値段は

120~200元、一番高い200元は帝王蟹(タラバガニ)と

正統魚翅(フカヒレ)。

 

感心しながら撮影していると、気を利かした店員さんが、

日本語付きメニューを持って来てくれました。これだけで

好感度アップ。

ah_chen_fried_rice_8

 

ah_chen_fried_rice_9

 

注文した東港三寶炒飯120元と蛤蜊湯(小)40元。

ah_chen_fried_rice_10

 

東港とは高雄のすぐ南にある屏東県東港のことで、

漁港があり、海鮮・シーフード、特にマグロが有名みたい。

 

三寶(三宝)はマグロ、カラスミ、桜エビ。

日本語メニューによると他にイカも入っているようです。

ah_chen_fried_rice_11

 

これがカラスミですな。

ah_chen_fried_rice_12

 

香ばしくて、適度に塩味もあっておいしいです。

 

カラスミって生まれて初めて食べたかも。

 

ボラ=汚い河口にいる魚ってイメージで、その卵から

作られたカラスミも個人的には遠慮したい食材でした。

 

蛤蜊湯のハマグリは小さくてアサリと同じくらい

でしたが、身はプリプリ、スープは針ショウガが効いて

いましたけど優しい味。

ah_chen_fried_rice_13

 

台湾で7番と言われてもピンときませんし、感激する

ほどではないですが、普通においしかったです。

 

ただ個人的には、もう少しボリュームが欲しかった。

腹七分くらいにしかなりません。

 

近くにあったら、色んな炒飯を試してみるんですけどね。

 

阿成炒飯專賣店(大連總店)の場所は、吉林夜市の外れ、

大連街と吉林街139巷の角。台鉄・高雄駅の後站(裏口)

から徒歩10分弱。

 

台鉄・高雄駅周辺の地図とホテル

高雄のホテル

 

Related Post

カテゴリー: 台湾 タグ: , パーマリンク