春秋閣・五里亭と左営啓明堂 高雄観光

 

龍虎塔から歩いて3~4分で春秋閣に到着。

 

思いっきり逆光です。

spring_autumn_pavilions_1

 

塔というのか楼閣というのか二つの建物がありますが、

どちらかが春閣でもう一方が秋閣。

 

その春閣と秋閣の間に「騎龍觀音」という龍に乗った

観音菩薩像があります。

spring_autumn_pavilions_2

 

長い橋で池に突き出た五里亭に行ってみます。

spring_autumn_pavilions_3

 

spring_autumn_pavilions_4

 

橋を歩きながら見ていると、結構鳥がいるんですよ。

 

これは白鷺かな?

spring_autumn_pavilions_5

 

spring_autumn_pavilions_6

 

龍虎塔の周りには花が咲いている蓮がなかったのですが、

ここはわずかながら咲いています。蓮池潭っていうくらい

ですから、やっぱり蓮の花がないとね。

spring_autumn_pavilions_7

 

spring_autumn_pavilions_8

 

きれいなつぼみですね。

spring_autumn_pavilions_9

 

タイでワイ(合掌)をする際は、手のひらをぴったり

ではなく、蓮のつぼみをイメージして、少し膨らむように

手を合わせると言います。

 

五里亭に到着、ベンチに座って蓮池潭を眺めてみます。

誰もいなくて、静かで気持ちいいなあ。

spring_autumn_pavilions_10

 

五里亭の周りにも結構鳥がいますけど・・・

こんな浅いんだ。

spring_autumn_pavilions_11

 

spring_autumn_pavilions_12

 

spring_autumn_pavilions_13

 

この後行こうと思っている北極玄天上帝像。

spring_autumn_pavilions_14

 

さて戻りますか。

spring_autumn_pavilions_15

 

さっきの龍虎塔。

spring_autumn_pavilions_16

 

この春秋閣の龍も体の中を通れるようになっています。

spring_autumn_pavilions_17

 

龍頭から入って龍尾から出て下さいと注意書きが

あります。危うくケツから入るところでした。

spring_autumn_pavilions_18

 

龍頭の方に回って入ってみます。

spring_autumn_pavilions_19

 

spring_autumn_pavilions_20

 

途中に「甘露水」という水飲み場みたいなところが。

spring_autumn_pavilions_21

 

何なのか分かりませんが、とりあえず飲んでおきました。

甘くはなかったです。後で調べると「不老不死」の水らしい。

spring_autumn_pavilions_22

 

spring_autumn_pavilions_23

 

spring_autumn_pavilions_24

 

飼っているのか分かりませんが、春秋閣の周りには

こんな顔つきの悪い、悪相の鳥が結構いました。

spring_autumn_pavilions_25

 

「顔が赤い鳥」で画像検索したら、すぐに判明。

ノバリケンを家禽化したバリケンというカモ科の鳥でした。

タイワンアヒルなんて異名もあるようです。

 

さっきの龍虎塔は有名な観光スポットなので、それなりに

観光客がいたのですが、ここはほとんどいませんでした。

 

私としては、蓮の花とか鳥とか見て、心を洗われる

ような気分になり、結構満足したのでした。

 

この後、春秋閣の正面にある啓明堂も寄ります。

 

4楼まである立派な建物で、最上階まで上がったのですが。

あまり興味は湧かず、とりあえず行って写真だけ取りました

みたいな感じ。

chi_ming_palace_1

 

chi_ming_palace_2

 

タイ・ベトナム・インドネシアなど東南アジアで

道教寺院に行くのはすごく興味があるし、好きなのですが、

なぜか台湾・香港になると気持ちが盛り上がらないのです。

 

春秋閣・啟明堂は台鉄・左営駅から徒歩15分程度。

 

春秋閣周辺の地図とホテル

高雄のホテル

 

Related Post

カテゴリー: 台湾 タグ: , , パーマリンク

春秋閣・五里亭と左営啓明堂 高雄観光 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 高雄 蓮池潭四面仏 ご利益はあるのか? | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。