エバー航空BR107 東京成田・高雄線 旅行記・口コミ・評判

 

今日から1月下旬~2月上旬の旅行記に入ります。

 

まずはエバー航空(長栄航空)BR107便で高雄へ。

エバー航空に乗るのは、4年前に台北・バンコク往復で

初めて利用した時以来です。

 

成田空港第一ターミナルには出発の1時間20分前に到着。

 

チェックインカウンターの周りにはスターアライアンス用の

セルフチェックイン機が並んでいます。

br107_jan2018_1

 

私はもうウェブチェックイン済なので、バゲッジドロップ

カウンターへ直行。3分ほど待っただけで荷物預けも完了。

br107_jan2018_2

 

ウェブチェックイン済で、預ける荷物(受託手荷物)が

無い場合は、カウンターに寄らず、そのままセキュリティ

チェック&出国審査へ行って良いみたいです。

 

但し、搭乗口にいるスタッフにパスポートの確認をして

もらって下さいと。

 

使用機材はエアバスA321-200。

う~ん、なんか汚れているなあ。

br107_jan2018_3

 

出発の30分前にボーディング開始。

まずはビジネスクラス、マイレージ上級会員、小さな

お子様連れの乗客から。

 

そして座席の位置でゾーン2→ゾーン3→ソーン4と順番に

搭乗するようになっていました。

 

エアバスA321ですので、真ん中に一本だけ通路がある

いわゆるナローボディ機。

 

エコノミークラスの座席配置は3-3で、ABC-KJHという

番号が付いています。私は通路側の24C。

br107_jan2018_4

 

前方に2-2で2列=8席だけビジネスクラス(プレミアム

ローレルクラス)があり、エコノミークラスは20列から

番号が始まりますので、24Cは比較的前方です。

 

毛布、枕(クッション)、イヤホンが置いてあります。

br107_jan2018_5

 

機内エンタメ用のパーソナルモニターはなく、

天井からいくつかモニターが降りて来るタイプ。

br107_jan2018_6

 

レカロ(RECARO)のシートですね。

 

シートピッチは31~32インチ(約79~81cm)とまあ普通、

LCCよりは余裕があります。

br107_jan2018_7

 

隣が空席だったので、ゆったり座れました。

 

すぐ後ろの25列はACとHKの片側2席しかないのですが、

各窓側にCAさん用の後ろ向きのシートがあります。

 

座席番号はACとHKになっていますが、実際の位置と

してはBCとHJと言った方が正しいですね。

 

またエアバスA319/A320/A321といったA320系の機材は

トイレが最前方に1ヶ所、最後方に2ヶ所というパターンが

一般的です。

 

LCCならまだいいのですが、レガシーキャリアだと前方は

ビジネスクラス専用で、エコノミークラスの乗客が最後方に

集中して常に行列何てことがよくあります。特に長胴型で

座席数の多いA321は。

 

しかも通路が1本しかないので、機内食用のカートで

乗客が通り抜けできず、更に混乱に拍車をかけるという

場面も目にします。

 

でもこの機材は最前方に1ヶ所、中程に2ヶ所、最後方に

1ヶ所のトイレがありました。

 

外観は汚れていて古い機材なのかなと思っていましたが、

内装はわりと新しい感じ。後で調べると機齢は3年半

程度でした。

br107_jan2018_8

 

日本人キャビンアテンダントも1名乗務しているとの

機内アナウンス有り。

 

それと機内アナウンスを聞いていると、エバーエアではなく、

イービーエーエア(イーヴィーエーエア)と言っています。

 

ほぼ定刻に動き出したのですが、滑走路の混雑で離陸は

30分以上遅延しました。

 

水平飛行になって機内食です。

ポーク&マッシュルームのソテーと玉子チャーハンを選択。

br107_jan2018_9

 

もう一つは酢豚のチキンバージョンみたいなメニュー

でした。

 

味は普通で、特別美味くもなく、不味くもなく。

クオリティがそれほど高いとは思いませんでした。

br107_jan2018_10

 

高雄到着の1時間半前にドリンクサービス。

br107_jan2018_11

 

ドリンクはトレーにいくつか乗せて持って来た中から

選んだのですが・・・

 

お茶かと思ったら、アップルジュースでした。

 

出発は30分以上遅延したのですが、高雄小港空港には

ほぼ定刻に到着しました。

 

約4時間のフライトなので、東南アジアの6~7時間に

比べると楽勝です。

 

チャイナエアラインでも感じましたが、エバー航空も

フライトアテンダントさんの接客態度・サービスには

日本的な感覚があって、他のアジアの航空会社と

ちょっと違うように感じます。

 

ただエバー航空も中華航空も全体的に何か地味な

印象なんですよね。

 

タイミングが良かったのか、入国審査は行列ゼロ、

荷物も10分程度で出てきましたので、ストレスフリー

でした。初の高雄は幸先が良いです。

 

その他のエバー航空の搭乗記を見る

楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!

高雄国際空港周辺の地図とホテル

高雄のホテル

 

Related Post

カテゴリー: 台湾 タグ: , パーマリンク