タイ・タイガーエアウェイズ設立中止

 

タイ国際航空はシンガポールの格安航空会社・タイガーエアウェイズと

合弁で計画していたタイ・タイガーエアウェイズ(Thai Tiger Airways)の

設立を中止すると発表しています。

 

当初の計画ではタイ・タイガーエアウェイズは今年5月には運航を開始

することになってましたが、タイ政府の設立許可が下りず、延び延びに

なっていました。

 

その間にタイ国際航空は自社内に格安航空ブランド「タイ・スマイル

(Thai Smile)」の設立を決定しています。この「タイ・スマイル」も当初は

「タイ・ウイングス(Thai Wings)」として別会社が設立されるはずでした。

 

タイ国際航空は財務省が約51%の株式を所有する半官半民というより

実質的な経営は国営に近い企業ですが、こんな体質でタイ・エアアジアを

はじめとする格安航空会社(ローコストキャリア)と競争していけるの

でしょうか?

 

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: シンガポール, タイ タグ: , パーマリンク