マリンドエア デンパサール(バリ)・クアラルンプール線 サービス一新?

 

この日はバリ島からクアラルンプールに移動します。

 

往路のKL→デンパサールはマレーシア航空だったのですが、

復路で利用するのマリンドエアーのOD158便。

 

マレーシア航空の航空券は成田→(KL)→デンパサール、

バンコク→(KL)→成田と予約しているので、デンパサール

からバンコクまでは別途購入する必要がありました。

 

バリからバンコクへの直行便もありますが、KLにも寄り

たいので・・・

 

ングラライ空港のチェックインカウンターに行きますと、

結構並んでいますね。インド系の乗客が多かったです。

od158_oct2017_1

 

私はウェブチェックインし、ボーディングパスも

プリント済だったのですが、バゲッジドロップの

カウンターはなし。

 

チェックイン作業はライオンエアのスタッフが請負って

いるのですが、隣のタイライオンエアのバンコク行きに

人員をかける一方、こちらのマリンドエアのKL行きは

少なかったので、45分も並びました。

 

出国手続きを済ませて、ゲート前の廊下に出ると、

バリ舞踏のダンサーが何人もいて、観光客との写真撮影に

応じていました。

od158_oct2017_2

 

しばらくラウンジで過ごし、搭乗ゲートに向かったところ、

待っている乗客がほとんどいません。おかしいなあと

思ったらゲート変更されていました。

 

ほぼ一番端の遠いゲートだったのに、またかなり戻らないと

いけません。

 

変更後はバスゲートでした。

od158_oct2017_3

 

使用機材はボーイング737-800。

od158_oct2017_4

 

座席は後方から2列目の通路側、29Cです。

枕と毛布も置いてありますね。

od158_oct2017_5

 

この後、KL・バンコク線もマリンドエアを利用したのですが、

枕と毛布は置いてなかったです。

 

このOD158便はブリスベン発デンパサール経由

クアラルンプール行きで、ブリスベン・デンパサールと

いう中距離路線があるので、置いてあったのかもしれません。

 

シートピッチは32インチ(約81cm)とLCCよりは広く、

レガシーキャリア(フルサービスキャリア)と同等です。

od158_oct2017_6

 

ざっと見て7割くらいの埋まり具合でしょうか。

周りは結構空いているのに、隣2席にはかなり肥満の

インド人カップルが来たので、窮屈です。

od158_oct2017_7

 

ドアクローズの後、フライトアテンダントに断って

最後方の30Dに移動しました。30D~Fの3席独占です。

od158_oct2017_8

 

機内エンタメ用のパーソナルモニターもあるのですが、

30Dと30Eのモニターは故障していました。

 

どうせイヤホンを有料で買わないといけないし、

使わないからいいやとそのまま座っていたのですが・・・

 

CAさんが故障しているのを見て、

 

「窓側の席に移動したらいかがですか?」

 

「どうせイヤホンないし・・・買わないといけないでしょ?」

 

「イヤホンも無料ですよ、全てフリーです!」

 

イヤホンを配るようにサービスが変更されていました。

 

但し、以前は全ての機材がパーソナルモニター付だったと

思いますが、この後利用したKL・バンコク線の機材には

付いていませんでした。

 

またエンタメプログラム自体も変わったようです。

以前はまず最初に言語選択(日本語もあり)だったの

ですが、それがなくなっていました。

od158_oct2017_9

 

バリ島とジャワ島の間です。

od158_oct2017_10

 

バリ島にしろ、ジャワ島にしろ、結構高い山が多いので、

空から見ていると楽しいです。

od158_oct2017_11

 

巨大なターコイズブルーの火山湖があるので、

パニュワンギ県にあるイジェン山だと思います。

od158_oct2017_12

 

od158_oct2017_13

 

まずは水とスナック、それにイヤフォンが配られました。

イヤフォンは後で回収されます。

od158_oct2017_14

 

以前はせいぜいパンやお菓子程度のみでしたが、

ちゃんとした機内食が出るようになっていました。

これはチキンステーキ+ポテトです。

od158_oct2017_15

 

ドリンクサービスにアルコール類はなかったと思います。

ジュースはオレンジやアップルという最も一般的なものが

なく、ライチとラズベリーという変わった品揃え。

 

イヤホンも配られたし、暇なので映画でも見ようかと

物色してみましたが、英語、マレー・インドネシア語、

ヒンディー語、タミル語、中国語(マンダリン)の

映画だけで、日本語はありませんでした。

 

タイ王室を描いた映画「王様と私」があったので(英語)、

これを見ました。

od158_oct2017_16

 

クアラルンプール到着直前に、キャビンアテンダントが

天井にスプレーをプシュプシュとしながら、最後方から

最前列まで歩いています。

 

これってエアアジアでもごくたまに見るんですよね。

 

KL到着後、降機まで時間が掛かったので、CAさんと

少し会話をする機会があり、その際に聞いてみたら、

モイスチャー(湿度)の為だと。

 

消臭ではなかったのですね。

 

マリンドエアはインドネシア最大のLCC「ライオンエア」

グループですが・・・

 

受託手荷物無料、シートピッチも狭くない、軽食が無料、

機内エンタメのパーソナルモニターが付いている(但し、

イヤホンは自分で準備するか機内販売で購入)等、

LCCなのかフルサービスキャリア(FSC)なのか微妙な

位置付けでした。

 

こうした以前の中途半端なサービスが、完全にFSC並みに

向上し、フルサービスキャリア・レガシーキャリアとの

位置付けが明確になっていました。

 

昨年3月にクアラルンプールでの使用ターミナルも

LCC専用(ほぼエアアジアグループ専用)のKLIA2から

KLIAに移転しています。

 

インドネシアにライオングループでFSCとされている

バティックエアというのがありますが、マリンドエアは

バティックエア・マレーシアに社名変更するとも

言われています。

 

シートの色もCAさんのユニフォームも同じだったかと。

最近の新機材は塗装もバティックエアと同じです。

 

最近、ANAでペナン・コタキナバルなどマレーシアの

地方都市行きのフライトを検索すると、KLから先は

マレーシア航空と共にマリンドエアの便も表示されます。

 

将来的には航空アライアンスの異なる、ワンワールドの

マレーシア航空とのコードシェア提携を解消し、マリンド

エアに一本化するのかもしれません。

 

LCCのエアアジアに低価格層をごっそり奪われ、中価格層を

マリンドエアに攻められると、マレーシア航空の再建も

厳しそうです。

 

その他のマリンドエアーの搭乗記を見る

【一生に一度は行きたい 世界遺産の旅。】JALパック

バシ島 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

クアラルンプール 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: インドネシア, マレーシア タグ: , , パーマリンク

マリンドエア デンパサール(バリ)・クアラルンプール線 サービス一新? への1件のフィードバック

  1. ピンバック: マリンドエア KL・バンコク線 バルクヘッド席 搭乗記 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。