マカラとトゥアモーム 仏教寺院にいる不思議な生物 チェンマイ

 

今回のチェンマイ旅では片っ端からお寺を巡ってみました。

 

目的はマカラを見つけることです。

 

マカラ(摩伽羅魚)はインド神話のヴァルナ神の乗り物と

される怪魚・海獣で、ワニがモデルになっていると言われて

いますが、イルカ、サメ、象のような姿で表現されることも

あります。

 

水の中に棲み、水を操る神とされていて、鯱(シャチホコ)も

マカラが原形と言われています。屋根の上に設置される

鯱・鴟尾の類は火事除けとされています。

 

タイの仏教寺院ではナーガ(パヤーナーク)はよく見ると

思いますが、その根元でマカラがナーガを吐き出している

のです。

 

ナーガは見ていても、マカラには気付いていない、

気付いていても名前は知られていない、そんな印象です。

 

一般的なタイ人はほとんど知らないと思います。

 

バンコク在住のタイ人に聞いたので、もしかしたら

チェンマイ在のタイ人に聞けば、もう少し知名度が

あるのかもしれません。

 

そう言う私も2年前にシンガポールのアジア文明博物館

初めて知ったのですが。

 

それではチェンマイ・マカラコレクションです。

 

ワットシースパン(WAT SRI SUPHAN)

wat_srisuphan_3

 

こちらは銀の礼拝堂(ウィハーン・ングン)の屋根の装飾。

wat_srisuphan_21

 

ワットチャーンテーム(WAT CHANG TAEM)

wat_chang_taem_1

 

wat_chang_taem_2

 

ワットチェディルアン(WAT CHEDI LUANG)

wat_chedi_luang_jul2017_4

 

wat_chedi_luang_jul2017_5

 

wat_chedi_luang_jul2017_6

 

ナーガというかマカラの胴体はずっと上まで続いて

いるのですが・・・

wat_chedi_luang_jul2017_7

 

壁の根元にもいました。

wat_chedi_luang_jul2017_8

 

ワットチェディルアンと言えば、この崩れかけの仏塔です。

wat_chedi_luang_jul2017_11

 

ここにもいます。

wat_chedi_luang_jul2017_14

 

ワットトゥンユー(WAT TUNG YU)

wat_tung_yu_1

 

大口開け過ぎ。

wat_tung_yu_2

 

ワットシーククート(WAT SRI KOET)

ここは2年前バンブーマッサージを受けたところです。

wat_sri_koet_1

 

ワットプラシン(WAT PHRA SINGH)

wat_phra_singh_jul2017_4

 

wat_phra_singh_jul2017_7

 

wat_phra_singh_jul2017_10

 

wat_phra_singh_jul2017_12

 

ワットインタキン(WAT INTHAKHIN)

wat_inthakhin_1

 

珍しくマカラがいなくてナーガ単体。

wat_inthakhin_2

 

こちらはいました。

wat_inthakhin_5

 

ワットブッパーラーム(WAT BUPPHARAM)

wat_buppharam_2

 

胴体なし。

wat_buppharam_6

 

wat_buppharam_8

 

階段の上まで、何匹も連なっています。

wat_buppharam_9

 

wat_buppharam_10

 

wat_buppharam_12

 

wat_buppharam_11

 

wat_buppharam_13

 

マカラの下にワニそのものの姿で表現されています。

wat_buppharam_14

 

これなんかは完全に象の鼻が付いていますよ。

wat_buppharam_36

 

ワットサムパオ(WAT SAM POW)

wat_sam_pow_1

 

マカラの更に下の台のようなところに、これは鯨と言うか

鯱みたいな姿があります。

wat_sam_pow_2

 

これも鯱っぽい。

wat_sam_pow_3

 

ワットチェンマン(WAT CHIANG MAN)

wat_chiang_man_jul2017_1

 

wat_chiang_man_jul2017_2

 

この渦のような姿はナーガを象形化したものでしょうか?

wat_chiang_man_jul2017_4

 

wat_chiang_man_jul2017_5

 

ナーガ単独。

wat_chiang_man_jul2017_7

 

こちらもナーガの象形化?マカラなし。

wat_chiang_man_jul2017_8

 

ワットラームチャーン(WAT LAM CHANG)

wat_lam_chang_1

 

wat_lam_chang_2

 

このとぐろを巻いたナーガの根元にもちゃんとマカラが

います。

wat_lam_chang_4

 

wat_lam_chang_5

 

チェンマイの場合、ナーガの7~8割はマカラが付いて来る

という印象です。

 

ラオス・ルアンパバーンの仏教寺院では、意外とマカラが

見つからなくて2~3割という感じでした。

 

インドネシアの世界遺産、ボロブドゥール遺跡(仏教寺院)

プランバナン寺院(ヒンドゥー寺院)などは、ナーガの姿は

全く見つからず、マカラのみでした。

 

このナーガ+マカラって何を意味しているのでしょう?

ネットで検索してもよく分かりません。

 

他の国ではマカラは獅子や仏像なども吐き出しており、

ナーガだけではないんですよね。何か再生とか創造の

意味があるのでしょうか?

 

そしてもうひとつの不思議な生き物がトゥアモーム

(モーム)です。

 

チェンマイなどタイ北部特有の空想上の生物で、獅子が

モデルになっているようです。

 

こちらは2年前にチェンマイに来た時に気付きました。

これも普通のタイ人はほぼ知りません。

 

ワットウモーンマハーテラチャン(WAT UMONG MAHATHERACHAN)

wat_umong_mahatherachan_5

 

肌の質感が鱗っぽくて、トカゲなど爬虫類のような印象を

受けるのです。これはコモドドラゴンとか恐竜みたい。

wat_umong_mahatherachan_6

 

ワットロークモーリー(WAT LOK MOLEE)

wat_lok_molee_14

 

とぼけたカメレオン顔のモーム。

 

大雑把に分けると、恐竜っぽいのとカメレオンみたいで

おとぼけ顔の2タイプがあるようです。

 

今回行ったお寺では・・・

 

ワットチェディルアン(WAT CHEDI LUANG)

wat_chedi_luang_jul2017_20

 

wat_chedi_luang_jul2017_17

 

wat_chedi_luang_jul2017_19

 

ワットインタキン(WAT INTHAKHIN)

wat_inthakhin_6

 

ワットブッパーラーム(WAT BUPPHARAM)

wat_buppharam_19

 

これは体が豹とかチーターとかネコ科の動物みたいでしょ?

wat_buppharam_20

 

獅子がモデルだとよく分かる対のモーム。

向かって右手の雄が玉を手に、左手の雌が子供連れと

獅子と全く同じようなパターンで表現されています。

wat_buppharam_22

 

wat_buppharam_23

 

金銀のおとぼけ系モーム。

wat_buppharam_33

 

wat_buppharam_34

 

ワットマハーワン(WAT MAHAWAN)

wat_mahawan_11

 

これは顔が獅子舞(獅子頭)っぽいですね。

 

今回チェンマイでもういいわってくらいマカラを見ました

ので、気が済みました。

 

今度は中国寺院(道教寺院)でマカラが起源と思われる

鴟尾・螭吻・鴟吻の類を探してみようと思います。

 

チェンマイ旧市街周辺の地図とホテル

チェンマイ 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク

マカラとトゥアモーム 仏教寺院にいる不思議な生物 チェンマイ への3件のフィードバック

  1. ピンバック: チェンマイのチャイナタウン 清邁本頭古廟 ワローロット市場 | 泊まりたいアジア

  2. ピンバック: チェンマイの中華街 武廟(関帝廟) モン族市場 | 泊まりたいアジア

  3. ピンバック: 漢王廟 客家系の道教寺院 バンコク・タラートノーイ | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。