ワットマハーワンでトークセンマッサージ チェンマイ

 

チェンマイ初日に、ワットシースパンで30分だけトークセン

マッサージをしたのですが、何か中途半端な気分が残って

しまいました。

 

昨日歩いている時に、ワットマハワンでもトークセンを

やっているのを発見したので、やってきました。

 

ランプーンのワットマハーワンは有名ですが、チェンマイの

ワットマハーワンはあまり知名度は高くないかな。

 

ターペー通り沿いにマッサージ店の宣伝が出ています。

アロカヤー ヌアット ペン タイ(アロカヤー タイ式マッサージ)

という店名です。

wat_mahawan_1

 

いい感じの建物です。

wat_mahawan_2

 

と思ったら、目の前の講堂みたいな建物に案内されました。

オープンエアでマッサージが受けられると思ってたのに・・・

wat_mahawan_3

 

トークセンで使用する杭と木槌。

wat_mahawan_4

 

トークセン1時間お願いします。

 

担当は若い男性のマッサージ師。

 

最初しばらくは普通のマッサージ。これが力強くて

気持ち良かった。

 

そしてトークセンですが、カンカンカンという乾いた音と

振動で眠くなってしまうんですよね。

 

マッサージ後は、ついでなのでお寺の見学もしています。

 

こちらはウボソット(本堂・布薩堂)です。

wat_mahawan_5

 

ナーガ(パヤーナーク)を象形化したものでしょうか。

wat_mahawan_6

 

wat_mahawan_7

 

孔雀ですよね?

wat_mahawan_8

 

ケンタウルス?

wat_mahawan_9

 

ウボーソットやウィハーンがラーンナー様式なのに対し、

チェディ(仏塔)はビルマ様式。

wat_mahawan_10

 

モームもいます。

wat_mahawan_11

 

こちらにもケンタウルスもどき。

wat_mahawan_12

 

ウィハーン(礼拝堂)です。

wat_mahawan_13

 

ラーンナー様式の美しい曲線の重なり合った屋根。

wat_mahawan_14

 

wat_mahawan_15

 

ここにも孔雀がいました。銀色と金色でカラフル。

孔雀ってどういう意味があるんだろう?お目出度そうな

雰囲気はありますけど。

wat_mahawan_16

 

wat_mahawan_17

 

wat_mahawan_18

 

メー トラニーさんもいます。

wat_mahawan_19

 

ちょっとやっつけ仕事みたいな見学になりました。

 

ワットマハーワンの場所は、チェンマイ旧市街の外、

ターペー通り沿い、ターペー門から徒歩3分程度。

 

ワットマハワン周辺の地図とホテル

チェンマイのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , , パーマリンク

ワットマハーワンでトークセンマッサージ チェンマイ への1件のフィードバック

  1. ピンバック: リーラー タイマッサージ 元受刑者のマッサージ師 チェンマイ | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。