ワットチェディルアンでマカラを探す チェンマイ観光

 

続いてやってきたのはワットチェディルアンです。

 

ワットプラシン、ワットチェンマンと共に、チェンマイ

旧市街三大仏教寺院と言われます。

 

メジャーな観光名所でもありますので、私も今まで何度か

来たことがあります。

 

境内に入って左手に、やけにきれいな建物が。

wat_chedi_luang_jul2017_1

 

インタキンと呼ばれるチェンマイのラックムアン(市の柱)が

祀られている祠・社「サーン・ラックムアン」でした。

こんな新しい建物だった?

wat_chedi_luang_jul2017_2

 

タイの主な町には、町を建設する際に礎となり、守護と

繁栄を願う柱(=サオ・ラックムアン)を立てます。

 

チェンマイのサオ・ラックムアンはサオ・インタキンと呼ばれ、

元々はワットインタキン サドゥー ムアンにありましたが、

1800年にワットチェディルアンに移設されています。

 

このサーン・ラックムアンは、入場料が取られるみたいだし、

さして興味もないのでスルーしました。

 

後で調べると、サーン・ラックムアンだけではなく、

ワットチェディルアン自体が昨年7月から20?40?バーツの

入場料を徴収するようになったようです。

 

私は知らずに何も払わずに入ってしまったのですが、

特に呼び止められることもありませんでした。

入場料は外国人だけなのかな?

 

入って正面にあるのは、ウィハーン(礼拝堂)です。

wat_chedi_luang_jul2017_3

 

入口の階段の脇にナーガ(パヤーナーク)がいるのは、

タイの仏教寺院ではよくある光景です。

wat_chedi_luang_jul2017_4

 

他の方のブログなどを見ても、ナーガはそれなりに興味を

持たれているようなのですが・・・

wat_chedi_luang_jul2017_6

 

実はその根元にいる、ナーガを吐き出している?マカラは

知名度が低いんですよね。

wat_chedi_luang_jul2017_5

 

マカラ(摩伽羅魚)はインド神話のヴァルナ神の乗り物と

される怪魚で、ワニが原形とも言われていますが、他に

イルカ、サメ、象のような姿で表現されることもあります。

 

水の中に棲み、水を操る神とされていて、鯱(シャチホコ)も

マカラが原形と言われています。屋根の上に設置される

鯱・鴟尾の類は火事除けと言われていますね。

 

ナーガの体は入口の上まで続いています。

wat_chedi_luang_jul2017_7

 

wat_chedi_luang_jul2017_9

 

入口の壁のところにもマカラがいましたよ。

wat_chedi_luang_jul2017_8

 

入り口脇の装飾にもマカラ。

wat_chedi_luang_jul2017_10

 

今回のチェンマイの旅では、マカラ探しをメインにお寺を

たくさん巡りました。

 

ワットチェディルアンと言えば、この一部が崩れた

チェディ(仏塔)です。

wat_chedi_luang_jul2017_11

 

ここにも立派なナーガがいますが・・・

wat_chedi_luang_jul2017_12

 

wat_chedi_luang_jul2017_13

 

マカラもいますよ。

wat_chedi_luang_jul2017_14

 

チェディの裏にある、ウィハーン ターン プラ アーチャーン

マン プリダットーという礼拝堂です。

wat_chedi_luang_jul2017_15

 

ここにも。

wat_chedi_luang_jul2017_16

 

その隣の建物の入口。

wat_chedi_luang_jul2017_17

 

トカゲとか爬虫類みたいな風体ですが、モーム(トゥア・

モーム)と言い、獅子の一種と言われています。北タイ特有の

空想上の生き物みたいです。

wat_chedi_luang_jul2017_18

 

wat_chedi_luang_jul2017_19

 

ホートライ(経蔵・書庫)兼ミュージアムの入口にいた

トゥアモーム。

wat_chedi_luang_jul2017_20

 

境内の一番北側にはこんな祠が。

wat_chedi_luang_jul2017_21

 

インタキン(ラックムアン)を守るヤック・夜叉です。

wat_chedi_luang_jul2017_22

 

手前にいる小さい像は、タイ語でターオウェースワン、

日本では毘沙門天(多聞天)、北方を守るとされています。

ヤックの親分になります。

wat_chedi_luang_jul2017_23

 

同じようなヤック(夜叉)の祠が境内の南端にもあります。

 

さて、次もマカラ探しにワットプラシンへ向かいます。

 

ワットチェディルアン周辺の地図とホテル

チェンマイのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , , パーマリンク

ワットチェディルアンでマカラを探す チェンマイ観光 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ワットプラシンは辰年生まれが参拝すべき寺院 チェンマイ観光 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。