鄭寶發で魚の浮き袋煮込みスープ バンコク・チャイナタウン

 

フアランポーン駅に到着したので、やっぱり夕食は

チャイナタウンですかね。

 

ヤワラート通りの屋台で食べようと思って来たのですが、

なんだか様子が変です。

 

屋台が見当たりません。

 

しまった!今日は月曜日だった。

バンコクでは月曜日は屋台営業が禁止、休みになるのです。

 

屋台が休みなので、開いている食堂・レストランは

どこも行列で大繁盛。

tae_po_huat_bangkok_1

 

tae_po_huat_bangkok_2

 

多くが中国人観光客っぽいです。

 

屋台がないとなると、夜にチャイナタウンで営業している

食堂・レストランって意外と多くないんですよね。

 

ちょっと気になっていたパタカーン・タイヘン(泰興)と

いう店に行ってみたのですが、既に閉まっていました。

後で調べると営業時間は18時まででした。

 

なんだか夕食難民になってきたぞ。

 

かなり歩いて、やっと空いていて良さげな店が見つかりました。

鄭寶發(テー ポー フアット)です。

tae_po_huat_bangkok_3

 

tae_po_huat_bangkok_4

 

ここに来るのは初めてですが、ネットで見たことがあります。

1組いた先客は日本人の若い女性2人組でした。

 

そうそう、山羊肉のスープ(ヤギシチュー)が名物なんですよ。

tae_po_huat_bangkok_5

 

食べたことないけど、ヤギはなあ・・・

やっぱりここは安全策か。

 

ということで、私は魚の浮き袋(カポッ・プラー)のスープ、

100バーツ。

tae_po_huat_bangkok_6

 

これ好きなんですよ。

tae_po_huat_bangkok_7

 

そして、カーオパット(チャーハン)、150バーツ。

具はカニ肉だったかな。

tae_po_huat_bangkok_8

 

かなり胡椒が効いていて、また調理中に煙を入れているのか

スモークされたような香ばしい感じ。独特な味です。

 

特別感はなかったけど、おいしかったです。

 

お店の場所は、ヤワラート通りをチャルーンクルン通りを

結ぶパドゥンダーオ通り(ソイ・テキサス)のチャルーン

クルン通り寄り。

 

テキサススキ周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク