チャーンチュイへの行き方・アクセス

 

チャーンチュイはクルントン橋でチャオプラヤー川を越え、

シリントン通りを西へ進んで行った、バーンプラット区という

ところに立地しています。

 

チャオプラヤー川西岸、いわゆるトンブリー地区。

バンコク中心部からアクセスが良いとは言えません。

 

行きはサトーン桟橋からチャオプラヤーエクスプレスボートで

クルントン橋の桟橋まで、そこからタクシーで行きました。

san_chao_mae_tabtim_saphan_sanghee_1

 

san_chao_mae_tabtim_saphan_sanghee_2

 

私はクルントン橋を渡って、デュシット区の方に戻った

水尾聖娘廟へ先に行き、そこからメータータクシーで6~7分、

55バーツでした。

 

トンブリー側にあるクルントン橋の桟橋からですと5~6分、

50バーツ程度ではないかと思います。

 

帰りはバーンバムル駅からタイ国鉄(SRT)を利用しました。

 

チャーンチュイの裏口を出ると線路が見えています。

srt_bang_bamru_station_1

 

右手に10分ほど歩くと、バーンバムル(Bang Bamru)駅に到着。

一本道なので迷うことはありません。

srt_bang_bamru_station_2

 

小さくて古ぼけた駅舎を想像していたのが、予想外に

新しくてモダン、大きくて立派な駅でした。

srt_bang_bamru_station_3

 

駅構内はスカスカな感じです。

srt_bang_bamru_station_4

 

タイ国鉄南線の下り時刻表。

srt_bang_bamru_station_5

 

こちらは上り(フアランポーン駅行き)の時刻表。

srt_bang_bamru_station_6

 

チケットを購入しようとしたら、無料でした。

低所得層支援の為、2008年から始まったタイ国鉄の一部の

列車やバスの無料サービスも9月末で終了します。

srt_bang_bamru_station_7

 

バーンバムル駅18:18発、列車番号262の普通列車、ホアヒン

始発です。

 

興味津々に構内をうろついてみます。

srt_bang_bamru_station_8

 

特に改札口もなく、ホームに出ます。

srt_bang_bamru_station_9

 

しばらくすると列車がやってきました。

srt_bang_bamru_station_10

 

時刻表上17:47発のトラン行き急行列車です。トラン着は

明日の8:05と気が遠くなりそう。

srt_bang_bamru_station_11

 

srt_bang_bamru_station_12

 

駅員に聞くと、クルンテープ(ホアランポーン)行きは

線路を渡った向こう側のホームだと。しかし、ホーム低っ!

srt_bang_bamru_station_13

 

更に向こう側に立派なホームがありますね。

srt_bang_bamru_station_14

 

ホテルに帰って調べてみると、フアマークからバーンスー

経由でタリンチャンまでつながるSRTライトレッドラインが

将来通るようです。

srt_bang_bamru_station_15

 

あっ、それで駅舎も立派になったんだ。

 

ライトレッドラインのホームへ通じる地下通路。

まだ閉鎖されていますけど。

srt_bang_bamru_station_16

 

フアランポーン駅行きの列車がやってきました。

定刻通りで遅延無し、優秀、優秀。

srt_bang_bamru_station_17

 

srt_bang_bamru_station_18

 

乗り込みますと、結構混んでいますね。

無理すれば座れないこともなかったですが、立ちますか。

srt_bang_bamru_station_19

 

srt_bang_bamru_station_20

 

車内は薄暗いし、汚れています。

床に座り込んでいる乗客も結構いて、イメージは日本の

戦後の引揚列車みたいな。

 

もちろんエアコンはなく、扇風機のみ。

 

一度マハーチャイまでタイ国鉄の3等車に乗ったことがあり

ますが、ここまでボロくはなかったと思います。

 

次のバーンスー・ジャンクション駅でかなりの乗客が

降りたので、席に座ります。神経質な人なら、ちょっと

遠慮したいくらいのシートの汚さです。

 

画像はフアランポーン駅到着後撮影。

srt_bang_bamru_station_21

 

srt_bang_bamru_station_22

 

srt_bang_bamru_station_23

 

フアランポーン駅(バンコク駅)にはほぼ定刻に到着。

 

私が乗った車両。

srt_bang_bamru_station_24

 

この車両は少し新しくて清潔っぽい。

srt_bang_bamru_station_25

 

srt_bang_bamru_station_26

 

フランス・アルストムのディーゼル機関車でした。

srt_bang_bamru_station_27

 

フアランポーン駅構内では列車待ちの人がたくさん床に

座り込んでいます。

srt_bang_bamru_station_28

 

タイ国鉄の場合、BTSやMRTのように何分か毎に運行して

いるわけではないので、事前に時刻表を確認し、利用する

列車を決めてから駅へ向かうことをおすすめします。

 

クルントン橋周辺の地図とホテル

フアランポーン駅周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , , パーマリンク

チャーンチュイへの行き方・アクセス への1件のフィードバック

  1. ピンバック: チャーンチュイ 廃材利用のアートなモール バンコク | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。