カオカームー トローク スンで猪脚飯 バンコク・サパーンタクシン

 

バンコク2日目、ホテルをモードサトーンに移動。

 

12時半過ぎに到着したのですが、まだ部屋が準備出来ないと。

正規のチェックイン時間前は空室があっても入れない方針

なのかな?

 

まあ想定内です。

その間に昼食と買い物に行こうと思います。

 

チェックイン前だろうが後だろうが、行く店は決めていました。

 

カーオ カー ムー トロック スンという食堂。

タイのミシュランガイドこと、シェル チュアン チムの

緑の丼マーク付き。

khao_kha_moo_trok_sung_1

 

猪脚飯(豚足飯)の老舗です。

khao_kha_moo_trok_sung_2

 

khao_kha_moo_trok_sung_3

 

khao_kha_moo_trok_sung_4

 

khao_kha_moo_trok_sung_5

 

昔、すぐ近くのサービスアパートに2年間ほど住んで

いまして、しかもカオカームーは大好きなのですが、

私はチャルーンセーン・シーロム派だったので、こちらの

お店は2回目じゃないかと思います。

 

向こうに座っている3人組は日本人でした。

khao_kha_moo_trok_sung_6

 

メニューはこんな感じ。

khao_kha_moo_trok_sung_7

 

カオムークロープ(焼肉飯=皮をカリカリに焼いた豚肉乗せ飯)

もあるんですね。

 

私が注文したのは・・・・

 

オーソドックスにカーオカームー、50バーツ。

khao_kha_moo_trok_sung_8

 

khao_kha_moo_trok_sung_9

 

煮汁が濃すぎず薄すぎず、しょっぱくもなく甘くもなく、

絶妙な味付けです。

 

それにカーキー(いわゆる豚足)を単品で、1個80バーツ。

khao_kha_moo_trok_sung_10

 

豚足のゼラチン質がねっとり口の中に絡みつきます。

khao_kha_moo_trok_sung_11

 

このあたりでカオカームーと言えば、チャルーンセーン

シーロムばかり行っていましたが、ここも負けず劣らずの

美味さでした。

 

お店の場所は、チャルーンクルン通りのロビンソンデパート

バンラック店正面にあるチャルーン ウィアン通りという

路地を入って100mほどの左手。BTSサパーンタクシン駅から

徒歩4分程度。

 

BTSサパーンタクシン駅周辺の地図とホテル

バンコクのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク