タナカ入りのペーンイェン クーリングパウダー タイ

 

今回の訪タイ前に、タナカ入りのペーンイェンが新発売という

ニュースを見ました。

 

ペーンイェンは直訳すると冷たい粉、クーリングパウダー、

プリックリーヒートパウダー、タルカムパウダーと呼ばれる

スースーするパウダーです。

 

タナカとはミカン科の樹木で、これを原料に天然の化粧品兼

日焼け止めが作られます。ミャンマー人がよく顔に塗っている、

白いあれですね。

 

私はタイに住んでいた頃から、ペーンイェンを愛用しています。

 

これは買わなければ・・・

 

このタナカ入りのペーンイェンは、スネークブランドの

ブリティッシュディスペンサリー社から発売されています。

 

スネークブランドはちょっとおっさんぽいイメージがあるので

今まで買ったことないなあ。

 

この会社は1892年創業で、1952年からこのプリックリー

ヒートパウダーを製造販売しているそうです。

 

泊まっていたアパート近く、スクンビット・ソイ2の入口に

あるプルンチットセンター地下のヴィラマーケットに

行ってみます。

 

スネークブランドの商品はいくつかありましたが、タナカ入りは

置いてなかったです。

 

次はセントラルワールド前のビッグC。

 

店が広すぎて、どこにこの類の商品が置いてあるのか、

見つけるのに苦労しましたが、ありましたよ。さすがに

大きいだけあって、品揃えは良いですな。

prickly_heat_wild_thanaka_1

 

プロモーション中?280g入り2缶に140g入り1缶が無料で

付いてきて、お値段なんと69バーツ(約230円)、安っ!

prickly_heat_wild_thanaka_2

 

prickly_heat_wild_thanaka_3

 

スネークブランドはヘビに矢が刺さったトレードマーク

ですが、蛇=毒を打ち抜く・やっつける、つまり病気を

防ぐ・治すって意味があるらしいです。

prickly_heat_wild_thanaka_4

 

バスルームの白熱灯の下では気付きませんでしたが、

少し黄色がかっていました。

prickly_heat_wild_thanaka_5

 

タナカの成分で日焼け止めの効果もあるのだろうか?

 

でも最近タルカムパウダーって体に悪いって話も聞きますよね。

原料のタルクに発がん性があるとか、細かい粉を吸い込むので

肺に悪いとか。

 

280g x 2本と140g x 1本もあるので、なかなか減りません。

日本だと冬場は使わないし、1年以上は持ちそうです。

 

セントラルワールド周辺の地図とホテル

バンコクのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ, ミャンマー タグ: , パーマリンク