インドネシアエアアジア ジャカルタ・バンコク線 旅行記・口コミ・評判

 

ジャカルタからバンコクへはインドネシア・エアアジアの

QZ256便を利用しました。

 

ラウンジで時間をつぶした後、搭乗ゲートへ向かいます。

 

ここに2つの搭乗ゲートがあったと思いますが、3つの便の

乗客が集まっており、すごい混雑で座る場所もありません。

エアコンもあまり効いていませんし。

qz256_apr2017_1

 

しばらくしてボーディングの時間になりました。

 

飛行機のところまではバスで移動します。

qz256_apr2017_2

 

使用機材はいつものエアバスA320-200。

qz256_apr2017_3

 

qz256_apr2017_4

 

私は後方から2番目の通路側、29Cを座席指定しています。

qz256_apr2017_5

 

隣はインドネシア人の若いカップルでした。

 

シートピッチは29インチ(約74cm)と狭いのですが、

足は前の座席の下に伸ばすので、私はそれほど気にならない

ですね。

qz256_apr2017_6

 

機内誌「3sixty」は、英語版(国際版?)とインドネシア語版が

ありました。

 

ジャカルタ・バンコク路線ですが、インドネシア人の乗客が

多く、タイ人は少なかったです。

qz256_apr2017_7

 

エアアジアでネット予約する際、フライトを選択した後

「バリューパック」と「プレミアムフレックス」という

メニューをすすめられますが、今回バリューパックを

追加してみました。

 

バリューパックは受託手荷物20kg、機内食、スタンダード

シートの座席指定がセットになったものです。

 

いつも受託手荷物と座席指定は追加しているのですが、

個別に2つを追加する料金とバリューパックがほぼ同じ料金

でした。つまり私にとっては機内食が無料ってイメージです。

 

そのバリューパックについてきた機内食(軽食)。

qz256_apr2017_8

 

小さなたまごサンド数切れに水だけ。

軽食ということで期待はしていませんでしたが、それに

してもしょぼい。

 

機内食販売はわりと売れてました。

LCCの機内販売の売れ行きとその国の経済発展度は反比例すると

いう独自理論?通り。

 

日本、香港、シンガポールあたりはあまり売れませんが、

フィリピン、ベトナム、インドネシアは良く売れている

印象があります。

 

相変わらず機内はクソ寒い。

 

ジャカルタ・バンコク間はスケジュール上で3時間20分、

よく利用する香港・バンコクの3時間弱やクアラルンプール・

バンコクの2時間強に比べると少し長く感じます。

 

バンコク・ドンムアン空港には若干早着でしたが、

入国審査場は大混雑で、なんと1時間10分もかかりました。

 

その他のインドネシア・エアアジアの搭乗記を見る

航空券+ホテルでお得

ジャカルタ 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: インドネシア, タイ タグ: , , パーマリンク