ガルーダインドネシア航空 スラバヤ・ジョグジャカルタ線 旅行記・口コミ・評判

 

この日はスラバヤからジョグジャカルタに移動します。

 

スラバヤ・ジョグジャカルタ路線はガルーダインドネシア航空、

スリウィジャヤ航空、ライオンエア系のウィングスエアの

3社が飛んでいるのかな。

 

受託手荷物を考えれば、料金が他LCCと比べてもそれほど

高くなかったのと、スケジュール的にも良かったので

ガルーダインドネシア航空GA7308便を利用しました。

 

チェックインカウンターも保安検査も混んでおらず、

すぐに終わってしまいました。

ga7308_apr2017_1

 

搭乗ゲートのあるエリアにはクレジットカードメンバー用の

ラウンジもありましたが、プライオリティパスは契約して

いないようで利用出来ず。

 

空港の無料Wifiでネットにアクセスして時間をつぶします。

 

ボーディングの時間になりましたが、そんな気配は全くなし。

ga7308_apr2017_2

 

同じゲートから30分ほど前に出るスマラン行きの便が、

もう出発時刻だというのにやっと搭乗を開始しています。

 

30分近く遅延しているのに、一切案内放送はなかったと

思います。

 

インドネシア人の皆さんはと言うと、いったいどうなって

いるんだなどと気色ばんでいる人はおらず、遅れるのが

当たり前みたいな感じ。

 

やっとボーディングとなり、バスで飛行機のところへ向かいます。

ga7308_apr2017_3

 

使用機材はプロペラ機のATR72-600。

ga7308_apr2017_4

 

後方から乗り込みます。

ga7308_apr2017_5

 

エコノミークラスのみで2-2の座席配置、全70席。

ga7308_apr2017_6

 

私のシートは32A、真ん中より少し後方の窓側。

2-2の座席配置なので、必ず窓側か通路側になります。

ga7308_apr2017_7

 

上にも下にもシートポケットがありました。

ga7308_apr2017_8

 

シートピッチは31インチ(約79cm)、膝のところが少し

えぐれている構造なので、多少余裕があります。

ga7308_apr2017_9

 

ざっと見て、半分も埋まっていない感じでした。

ga7308_apr2017_10

 

機齢的には古くないはずなのですが、全体的に薄汚れていて

くたびれた感じがしました。

 

フライトアテンダントは2名のみ。

ATR72の場合、どこの航空会社も2名だと思います。

 

結局、スケジュールより30分以上遅れて出発。

大型扇風機のようなブーンという特有のプロペラ音がします。

 

水平飛行になって、スナックの機内食。

ga7308_apr2017_11

 

パンにはピリ辛のそぼろ肉が入っていました。

ga7308_apr2017_12

 

ブンガワンソロ(ソロ川)かな。

ga7308_apr2017_13

 

こちらの雄大な山はラーウ山。

ga7308_apr2017_14

 

1時間弱でジョグジャカルタ・アジスチプト国際空港に到着。

 

ガルーダインドネシア航空は、リージョナル路線で

ATR72-600を使用し、「EXPLORE(エクスプロア)」という

サブブランドで運航しています。

ga7308_apr2017_15

 

歩いてターミナルに向かいます。

ga7308_apr2017_16

 

そういえば、最近、ATR72によく乗っているなあ。

ここ2年で5回目です。

 

このくらいの距離ならば、正直、航空会社・機材は何でも

いいですけどね。

 

その他のガルーダインドネシア航空の搭乗記を見る

航空券もエクスペディア

スラバヤのホテル

ジョグジャカルタのホテル

 

Related Post

カテゴリー: インドネシア タグ: , , パーマリンク

ガルーダインドネシア航空 スラバヤ・ジョグジャカルタ線 旅行記・口コミ・評判 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ボロブドゥールラウンジ ジョグジャカルタ空港国内線 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。