ラウォン セタン スラバヤの名物料理

 

一旦ホテルに帰ってしまうと、疲れでまた外出するのが

おっくうになりましたが、せっかくスラバヤまで来たんだし

名物料理「ラウォン」を食べにいきましょう。

 

タクシーでRAWON SETAN(ラウォン セタン)と言うと

すぐに分かってくれました。

rawon_setan_1

 

テーブルにつくと、おばさんが「うちはスパイシースープで

どうのこうの」と説明しています。

 

ラウォンなんて知らずに入って来た外国人観光客と思われた

ようです。

 

ラウォンとライスを注文。

 

注文していない料理がいくつか並べられます。

手を付けた分だけ料金を払うっていうシステムです。

rawon_setan_3

 

rawon_setan_4

 

ココナッツジュース、Rp.12K。

rawon_setan_5

 

ラウォンが出てきました。

この真っ黒な色が特徴です。

rawon_setan_6

 

この黒さはクルウェック(Kluwek)という木の実?種子?の

色だそうです。

 

サンバルともやしスプラウトが乗ったご飯。

rawon_setan_8

 

料金はラウォンとご飯のセットで37,000ルピア(約320円)。

 

注文したラウォンとご飯が別々なのは、ナシ ラウォン ピサッ、

それとは別に、ご飯にラウォンが最初からぶっかけてある

ナシ ラウォン チャンプルというメニューもあります。

 

まずはラウォンを食べてみます。

rawon_setan_7

 

色はグロいですけど、味は意外とクセがなく、コクのある

牛骨スープって感じ。

 

それにレモングラスなど多少のハーブの香り・味がします。

辛さはあまりないですね。

 

具の牛肉は軟らかく煮込まれており、ホロホロと繊維が

ほどけていきます。

 

後はご飯にぶっかけて、サンバルを溶きながら食べます。

サンバルも激辛ではなく、エビの味が効いていました。

 

おいしかったですが、また是非とも食べたいというほど

ではなかったかな。更に何度か食べていくと、クセに

なるのかもしれませんけど。

 

スラバヤへ来たからには一度は食べてみたい名物料理ですが、

一回食べれば後はいいかなという感じ。

 

小雨がぱらつき、涼しいので歩いて帰ります。

ホテルまで20分くらいでしょう。

 

トゥンジュンガンプラザの方へ2~3分歩いたところに、また

ラウォンセタンが。

rawon_setan_9

 

パクり?

 

さっきの店は結構繁盛していましたが、こちらはガラガラ。

 

ラウォンセタンというのは、てっきり店名・固有名詞だと

思っていましたが、料理名・一般名詞みたいですね。

 

セタン(SETAN)=悪魔の意味、悪魔が出てくる時間帯の

明け方まで売っているからというのが由来のようです。

 

お店の場所はトゥンジュンガンプラザからJalan Embong Malang

通りを5分ほど歩いたところ、JWマリオットホテルの前。

 

トゥンジュンガンプラザ周辺の地図とホテル

スラバヤのホテル

 

Related Post

カテゴリー: インドネシア タグ: , パーマリンク