海南(Hainan)@セントラルワールド

 

セントラルワールド7階のレストラン街を歩いていたら発見した

「海南(Hainan)」という店に入ってみました。

 

名前の通り海南料理店ということですが、ざっと見た感じは

シンガポール料理?海南料理がどんなものか知りませんけど。

 

食べたのはシンガポール料理の定番である海南チキンライス

(海南鶏飯、タイ語ではカオマンガイ)とバクテー(肉骨茶)。

 

 

タイの一般的なカオマンガイよりはマシですが・・・シンガポールで

普通にそこらの屋台(ホーカー)で食べられるチキンライスの方が

うまいですね。タイのカオマンガイにはない、甘い醤油タレが付いて

いるのはいいんですけど。

 

 

続いてバクテー(肉骨茶)。タイ語ではซี่โครงหมูตุ๋น(シー・クローン・

ムー・トゥン、直訳するとあばら骨の並んだ豚肉蒸し?)だそうです。

 

 

画像ではスープの色が濃い目になっていますが、実際見た感じは

もっと薄い色で、シンガポールではメジャーな潮州風バクテーですね。

具は豚肉・内臓・しいたけとクコの実。

 

まずタイでは他の料理でもありがちですが、スープがぬるい。

メインの豚肉は悪くなかったのですが、スープにコショウもあまり

効いていない・・・私の好みではなくイマイチでした。

 

マレーシアでメジャーな、色の濃いスープで漢方風味バリバリの

福建風バクテーの方が好きなこともあるのですが。

 

料金も安目だし、こんなものかという印象。リピートはないかなあ。

 

海南チキンライス 85バーツ(+VAT7%)

バクテー(肉骨茶) 75バーツ(+VAT7%)

 

セントラルワールド周辺の地図とホテル

バンコクのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク