ミシュラン一つ星の屋台 吊橋頭大華猪肉粿條麺 シンガポール

 

昨年、ミシュランガイドのシンガポール版が初めて

発行されました。

 

そこで話題になったのが、フードコート(ホーカー

センター)に入る2軒の屋台が一ツ星を獲得したことです。

 

了凡香港油雞飯麵(Liao Fan Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice & Noodle)

吊橋頭大華猪肉粿条面(Hill Street Tai Hwa Pork Noodle )

 

今まで世界一安いミシュラン星付きレストランと言われて

いた、香港の添好運點心専門店、その後に星を獲得した

甘牌焼鵝 一楽焼鵝などを下回る安さで、新「世界一安い

ミシュラン星付きのお店」です。

 

特に了凡香港油雞飯面なんて、油雞飯が2シンガポールドル

(約160円)から食べられますからね。

 

朝食でチャイナタウンの了凡香港油鶏飯麵に行ったんですよ。

8:30開店のはずだから、8時頃に行ったのですが、開店時間は

11:00なんて貼り紙がしてあって空振り(日曜だから?)。

 

わざわざまた行って、長い行列になっていたら嫌だなあと

思いながら、ホテルチェックアウト後の昼過ぎに再度チャレンジ。

 

まあミシュランガイド・シンガポール版が発表されてから

もう半年近く経ってるし、一時のブームも沈静化している

だろうと期待して。

 

チャイナタウンコンプレックスの2階、たくさんの屋台が

並んでいるのですが、朝行ったので場所は分かっています。

hong_kong_soya_sauce_chicken_rice_noodle_1

 

行列は二人だけ。

hong_kong_soya_sauce_chicken_rice_noodle_2

 

なんや大したことないやん。

 

どれを注文しようかメニューを見ていると・・・

 

ミスター!ミスター!

 

前にいる女性が私を呼び、後ろを指差しています。

 

振り返ると、少し離れた場所に恐ろしい行列が出来ていました。

hong_kong_soya_sauce_chicken_rice_noodle_3

 

ざっと30人はいますね。これじゃ1時間コースは間違いない。

 

一応並んでみたのですが、列の進み具合の遅さに心折れ、

10分くらいで諦めます。実際並んでいたら、1時間じゃ

きかなかったかも。

 

儲かりすぎて?すぐ近くのスミスストリートに店舗まで

出したとの貼り紙があったので、どうせ行列かなと思いながら

行ってみたら、やっぱり。

hong_kong_soya_sauce_chicken_rice_noodle_4

 

(2017.05追記)

台北駅前、シーザーパークホテルの横を歩いていましたら、

開店前から行列の出来ているお店が。

liao_fan_hong_kong_soya_sauce_chicken_rice_noodle_taipei_1

 

なんとシンガポールの了凡香港油雞飯麵ではないですか。

 

フードコートの屋台がミシュランガイドで一つ星を獲得し、

路面店をオープンしたと思ったら、次は海外進出(台湾の

会社がフランチャイズで出店しているんでしょうけど)と

いうサクセスストーリー。

(追記ここまで)

 

仕方ないので、ホテルのあるゲイラン周辺で食べようと

MRTに乗ったものの、諦めきれず、もう1軒の「吊橋頭大華

猪肉粿条面(Hill Street Tai Hwa Pork Noodle )」はどうかと

ラベンダー駅で下車。

 

お店を見つけると、行列しているけど、思ったほどじゃない。

12~3人かな。これなら並んでみようという気になります。

hill_street_tai_hwa_pork_noodle_1

 

hill_street_tai_hwa_pork_noodle_2

 

ミシュランガイドの星獲得を誇らしげに掲げています。

hill_street_tai_hwa_pork_noodle_3

 

待ち時間は30分くらいと読んだのですが、グループで一人

だけが並んでいるパターンもあって、実質的には20人以上

でした。

 

カウンターに近づいてくると、店員が先に注文を取り、

丼に麺を入れて並べ、準備しています。

 

メニューはスープ有りの粿條湯、ドライ(スープなし)の

肉脞麺、肉丸湯(肉団子スープ)。

 

それに魚?エイ?のヒレを揚げたおつまみ的なものがあり、

結構注文している人がいました。

 

値段は麺の量によりSGD5/6/8/10、SGD6がスタンダードで

私はそれを注文。

 

本当は大盛りでいきたかったのですが、シンガポールドル

現金がもうギリギリ、かといって両替もしたくないので・・・

この後の電車賃を考えると、1ドル、2ドルの攻防なんです。

 

並べられた丼の麺を順番に茹でて、味付けし、具材を入れて

完成、代金徴収の繰り返し。

 

もっと早くできないのかよ!なんてちょっとイラつき

ましたが、少し見ていると、こんなのを何時間も続けて

よくやっていられるなあと思いました。

hill_street_tai_hwa_pork_noodle_4

 

ようやく回ってきました。待ち時間はほぼ1時間。

hill_street_tai_hwa_pork_noodle_5

 

豚肉団子、ミンチ、レバー、ワンタン、魚のヒレを揚げた

カリカリのやつなどが具材として入っています。

hill_street_tai_hwa_pork_noodle_6

 

ぐちゃぐちゃに混ぜてみます。

hill_street_tai_hwa_pork_noodle_7

 

一口食べると・・・

 

んっ?酸っぱ辛い。

 

酸っぱいとは意表を突かれました。

 

肉脞面(バクチョーミー)と言うんですね。

名前は聞いたことがあったのですが、食べるのは初めて。

 

食べていくと、黒酢の酸味が癖になりそうな麺料理です。

 

さすがにまた1時間並んで食べようとは思いませんが、

他の店でも食べてみたいですね。

 

吊橋頭大華猪肉粿條麺の場所は、MRTラベンダー駅A出口から

ローチョー川にかかる遊歩道の橋を渡って右手、クローフォード

レーンに面した公団住宅の1階。MRTラベンダー駅から徒歩

5分程度。

 

MRTラベンダー駅周辺の地図とホテル

シンガポール 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: シンガポール タグ: , パーマリンク