KTMマレー鉄道 ETSシルバー KLセントラル・イポー旅行記

 

この日はKTMマレー鉄道の高速電車ETSに乗って、

クアラルンプールからイポー(怡保)へ行きます。

 

イポーはマレーシア第3の都市で、住民の約7割が華人系。

 

私の中でイポーと言うと、小学校の社会で習った錫の産地

「キンタ・イポー」とヤマハのAV機器工場がある、くらい

しかイメージが湧かないのですが、マレーシアではペナンと

並んで美食の町と言われています。

 

利用するのはKLセントラル駅12:30発の列車番号ES9402、

シルバーという列車サービスです。

 

ETSにはプラチナム・ゴールド・シルバーの3種類のサービスが

あり、停車駅(所要時間)・使用車両・軽食の有無・運賃などが

異なります。

 

シルバーでKLセントラル・イポー間の運賃は25リンギット

(約625円)、バスの20~25リンギットと同じくらいです。

ゴールドだとRM35になります。

 

近距離路線のKTMコミューターやLRTの改札はKLセントラル駅の

1階にありますが、ETSは中長距離路線のKTMインターシティの

一部という扱いで2階となります。

ktm_ets_9402_sep2016_1

 

受付・チェックイン的なことが必要かと思って窓口に

行ったのですが、eチケットを持ってそのまま改札に行けば

良いとのこと。

 

eチケットには30分前には駅に来いなんて書いてありましたが、

改札がオープンになったのは出発の15分前。

ktm_ets_9402_sep2016_2

 

それも私が乗る列車はKLセントラルが始発駅だったからで、

ちょっと前に途中駅として停車した列車の場合は、5分くらい前に

改札がオープンしていました。

 

ホームには既に列車が入線しています。

ktm_ets_9402_sep2016_3

 

中は2-2の座席配置になっています。

土曜日のせいか席は結構埋まっていました。

ktm_ets_9402_sep2016_4

 

シート幅はそれほど広くなく、隣との間にアームレストは

ありません(ゴールドの一部とプラチナムに使用ざれる

新しい別タイプの列車にはあり?)。

ktm_ets_9402_sep2016_5

 

隣は中華系マレーシア人と思われる若い女性。

 

座席はC号車の14D、飛行機でいうバルクヘッド席みたいな

足下がものすごく広い席でした。

ktm_ets_9402_sep2016_6

 

車内はモニター付きで、列車のスピードも表示されます。

私が見ていた範囲では、最高時速は130km/hくらいでした。

ktm_ets_9402_sep2016_7

 

列車は6両編成、C号車にカフェ、BとE号車にトイレが

ついています。各車両で座席のレイアウトも微妙に異なる

ようです。

ktm_ets_9402_sep2016_8

 

私の席の前には、ドリンクや軽食を販売するカフェが併設

されていました。

ktm_ets_9402_sep2016_9

 

ktm_ets_9402_sep2016_10

 

出発後すぐにクアラルンプール駅に到着。

シルバーは各駅停車です。

ktm_ets_9402_sep2016_11

 

クアラルンプール駅はコロニアル風の歴史ある建物で、

KLセントラル駅が出来るまではここがKLの中央駅でした。

 

クアラルンプール駅を出発したところで検札。

eチケットには要パスポート(外国人の場合)と書いてあった

ものの、改札でも検札でも提示は求められませんでした。

 

東南アジアではありがちですが、エアコンが効き過ぎで

車内はかなり寒い。

 

尿意や便意はないですが、トイレに行ってみます。

ktm_ets_9402_sep2016_12

 

トイレットペーパーやハンド式(ホース式)のウォシュレットも

付いています。

 

まあまあ清潔ではありますが、ウォシュレットを使うので、

床はちょっと濡れていたかな。

 

洗面台と横にはペーパータオルも設置されていました。

ktm_ets_9402_sep2016_13

 

車窓からはパーム椰子畑の景色が続き、すぐに飽きてきます。

ktm_ets_9402_sep2016_14

 

イポーの2つ手前のカンパー(Kampar)という駅で、隣の

女性を含め結構な人が降りて行きます。それも若い人ばかり。

 

後で調べると、このペラ州カンパーにはTARCとUTARという

大学があり、多くの学生が学んでいるようです。いわば

学園都市ですね。それで若い人が多かったんだ。

 

車内も空いたので、一般の座席にも座ってみます。

広々って感じはないですが、飛行機よりは膝のところに余裕が

あるでしょうか。フットレストも付いています。

ktm_ets_9402_sep2016_15

 

シルバーの場合、KLセントラルからイポーまで時刻表上では

2時間半なのですが、約15分遅れでイポー駅に到着。

ktm_ets_9402_sep2016_16

 

イポー駅もコロニアル調の歴史を感じさせてくれる駅舎です。

ktm_ets_9402_sep2016_17

 

所要時間はバスより短いですが、バスの方がシートは

ゆったりしていて乗り心地が良いのではないかと思いました。

 

KLセントラル駅周辺の地図とホテル

クアラルンプールのホテル

イポーのホテル

 

Related Post

カテゴリー: マレーシア タグ: , , パーマリンク

KTMマレー鉄道 ETSシルバー KLセントラル・イポー旅行記 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: KTMマレー鉄道 ETSゴールド イポー・KLセントラル乗車記 | 泊まりたいアジア

  2. ピンバック: KTMマレー鉄道 ETSのチケット予約・購入 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。