マリンドエアー バンコク・クアラルンプール線 旅行記・口コミ・評判

 

9月の旅もいよいよ最後の訪問国となるマレーシアへ。

今回バンコクからクアラルンプールへはマリンドエアを利用します。

 

以前KLからバンコクへ利用したので、その裏を返します。

って意味が違うか。

 

朝6時前にホテルを出ようとしたら、ものすごい雨。

前の道は少し冠水しています。

 

やばいなあ・・・

 

ホテル前に泊まっていたタクシーには行かないと断られます。

 

しばらくして何とかドンムアン空港まで行ってくれるタクシーが

見つかったのですが、高速代込500バーツと足元を見られました。

 

本来なら高速代入れても300バーツちょっとだと思うのですが、

この状況では仕方ないですね。

 

途中で運転手が高速代をケチろうと「下の道でいいか?」と

言い出しましたので、「冠水で動けなくなったらどうするんだ!

絶対高速を使え」と全力で主張しました。

 

無事ドンムアン空港に到着。

 

マリンドエアのチェックインカウンターはそれほど混んで

いなかったです。

od525_sep2016_1

 

カウンターにはなかなか可愛らしい女性スタッフ。

 

片道チケットなので、KLで何泊するのかとかマレーシアから

出国するチケットを見せてなんて言われ、

 

彼女がしばらく画面とにらめっこしていたのですが、

ステータスがどうのこうので、ボーディングパスがまだ発券

出来ないから横で待っててくださいと言われます。

 

結局、20分ほど待たされ(立たされ?)、なんとか搭乗券を

受け取りました。

 

こんな経験は初めてですね。

 

出国審査も済ませ、ドンムアン空港にはプリオリティパスで

利用できるラウンジがないので、そのまま搭乗ゲートへ。

 

出発の40分ほど前にKLからの便が到着しました。

使用機材はボーイング737-800です。

od525_sep2016_2

 

ボーディングはビジネスクラス、4~18列、それ以降の席という

順番でした。

 

マリンドエアはLCCですが、ビジネスクラス12席もあります。

od525_sep2016_3

 

エコノミークラスの座席配置は3-3で150席。

色のせいか、ちょっと薄汚れているような感じもしますが・・・

od525_sep2016_4

 

私の席は24A、隣はタイ人のトム(おなべ)と女性のカップル。

od525_sep2016_5

 

シートピッチは32インチ(約81cm)とレガシーキャリア並、

近距離路線のLCCとしては出色の広さです。

od525_sep2016_6

 

インド人乗客が結構目立ちました。インド系マレーシア人では

なくて、インドから来た人たちだと思います。マリンドエアは

インド6都市にも就航しています。

od525_sep2016_7

 

機内エンタメ用のパーソナルモニターも付いていますが、

ヘッドフォンは用意されていません(機内販売で購入可能)。

od525_sep2016_8

 

英語、マレー語、中国語、日本語、ヒンディー語に対応。

od525_sep2016_9

 

ドリンクとちょっとしたスナックのサービスもあり。

広いシートピッチ、無料の受託手荷物、軽食サービスなどで

他のLCCと差別化しています。

od525_sep2016_10

 

od525_sep2016_11

 

インドの人たちは、ワインだのチョコレートだのはないのかと、

LCCに多少知識がある人からすれば、「はっ?何言ってんの」って

感じのずうずうしいことを聞いていました。

 

ほぼスケジュール通りにクアラルンプール国際空港に到着。

 

マリンドエアは今年3月からクアラルンプールでの発着を

LCC専用(というよりほぼエアアジア専用)のKLIA2から

レガシーキャリアメインのKLIAに移転しています。

 

私はいつも大きなスーツケースをもっているので、

マリンドエアなどライオンエア系の受託手荷物無料は

ありがたいです。

 

その他のマリンドエアーの搭乗記を見る

POCKETALK(ポケトーク)

バンコクのホテル

クアラルンプールのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ, マレーシア タグ: , , パーマリンク

マリンドエアー バンコク・クアラルンプール線 旅行記・口コミ・評判 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: バティックエア ジョグジャカルタ・ジャカルタ線 旅行記・口コミ・評判 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。