ナーイ モン ホイトート バンコク・チャイナタウン

 

大満足の豚骨粥(排骨粥)の後、もう1軒紹介してもらった店へ。

 

歩いて5分とかからず到着。

ちゃんと立地も考えて紹介してくれたんだろうなあ。

nai_mong_hoi_thod_1

 

ナーイ モン ホーイトート(Nai Mong Hoi Thod)

 

ホイトート、牡蛎オムレツですね。カキ入りお好み焼きと

言う人もいます。

 

タイのミシュランとも言われる「シェル・チュアン・チム」の

緑の丼マークが誇らしげに掲示されています。

nai_mong_hoi_thod_2

 

この店の子供なのでしょう、小学校低学年くらいの男の子と

女の子が料理を運んだりお手伝いしています。かわいいですね。

 

やってきましたホイトート。

nai_mong_hoi_thod_3

 

ホイ=貝、トート=油で揚げるという意味ですが、カキでは

なくてムール貝を使う店もあります。私はムール貝苦手・・・

 

ここの牡蛎は丸々、プリプリしています。

nai_mong_hoi_thod_4

 

一般的に牡蛎は生地に混ざっているのですが、ここは別で

炒めて(揚げて)、上に乗せたようなスタイル。これが

カキのプリプリ感を残すコツでしょうか。

 

生地(卵)の中には、カリカリの香ばしいものが入っていて

味のアクセントになっています。

 

何だろう?日本で言う油カスみたいなものかな。

 

是非ともまた来て食べたいとまでは思いませんが、

なかなかおいしいホイトートでした。

 

お勘定は70バーツ。

 

屋台だと30~40バーツかな。そんなに高いものではないので、

値段は全く気にしていなかったのですが、ちょっとお高め。

牡蛎などの質を考えると、これくらいはするかと納得ですが。

 

お店の場所は、ヤワラー通りと並行に走るチャルーンクルン通り

からプラッププラーチャイ通りに入って30~40mの右手。

以前来たトロークチャルーンチャイ2のそばでした。

 

チャイナタウン周辺の地図とホテル

バンコクのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク