昭應廟 バリ・タンジュンブノアの中国寺院

 

チャーターカーでバリ島を1日観光し、ホテル近くに戻って

きたのが16:15前後。まだ2時間近く残っています。

 

帰路、ドライバーからタナロット寺院に寄るのはどうかという

提案ももらったのですが、行ったことあるので却下。

 

なので、明日午前中に気力があったら行こうかなと思っていた

中国寺院へ行ってもらいます。

 

タンジュンブノア(ブノア半島)の先端にあるこちらの寺院、

それにしてもやけに派手な色使いです。

klenteng_caow_eng_bio_1

 

昭應廟(Caow Eng Bio)という中国寺院。

 

丹戎とはインドネシア語のタンジュン、つまり半島の意味です。

ここではタンジュン・ベノアということですね。

klenteng_caow_eng_bio_2

 

これは獅子なんだろうか?色は虎みたいですけど?

しかしふざけた顔をしています。

klenteng_caow_eng_bio_3

 

klenteng_caow_eng_bio_4

 

こんなクオリティの低そうな像を見ると、タイの地獄寺とか

シンガポールのハウパーヴィラみたいなものを期待して

しまいます。

 

門の中の獅子?は、相変わらずトラっぽい色使いですが、

顔は真面目になりました。

klenteng_caow_eng_bio_5

 

ちなみに寺院の一番外の門の前は、ごく普通の獅子像。

klenteng_caow_eng_bio_6

 

本殿の前にはドラゴンダンスのお面というか被り物が祀られて

います。

klenteng_caow_eng_bio_7

 

本殿の中へ入ってみましょう。

klenteng_caow_eng_bio_8

 

龍柱かと思いきや、鳳凰。

klenteng_caow_eng_bio_9

 

こちらが龍柱。

klenteng_caow_eng_bio_10

 

klenteng_caow_eng_bio_11

 

中央に祀られている本尊は、水尾聖娘と兄弟公。

う~ん、聞いたことない神様だなあ。

klenteng_caow_eng_bio_12

 

右手は媽祖(天上聖母)、中国寺院ではお馴染みの航海・漁業の

女神ですね。

klenteng_caow_eng_bio_13

 

左手には、中国寺院(道教寺院)らしく様々な神様がごちゃまぜで

祀られています。

klenteng_caow_eng_bio_14

 

真ん中は福徳正神かな。赤ら顔の関羽(関聖帝君・

関帝聖君)や哪吒(ナタ)の姿も見えます。

 

本殿の向かって右手の祠。

klenteng_caow_eng_bio_15

 

左手の祠。

klenteng_caow_eng_bio_16

 

ここは観音菩薩が祀られています。

klenteng_caow_eng_bio_17

 

時々中国寺院(道教寺院)には行きますが、水尾聖娘と兄弟公の

名前は初めて聞いたので調べてみると、海南島(瓊州)出身の

人たちが信仰する神様でした。

 

兄弟公は108兄弟公、昭應公とも言うようです。

昭應公を祀っているから昭應廟なわけですね。

 

108兄弟公は、海南島からベトナムへ移り住んだ華僑109人が、

故郷に錦を飾ろうと海南島へ戻る航海の途中、海賊に襲われ

1人を残して108人が亡くなった。

 

それ以降、ベトナムでは強風と高波に見舞われます。

 

その後、事件が発覚し、ベトナム王が108人の霊を鎮魂する

儀式を行い、強風と高波が治まったという伝説?実話?から来た

ものらしい。

 

有名な観光名所ではないけれど、バリでは珍しい中国寺院

(道教寺院)だし、ホテルから近い&時間が余っているという

理由で来たのですが、予想外の海南系寺院で新たな発見もあり、

来て良かったと思いました。

 

東南アジア・東アジアで行く中国寺院(兼同郷会館)は、

多くが広東系か福建系ですからね。海南系なんて初めてかも。

 

こんな寺院があるということは、周辺に海南系華僑(華人)の

コミュニティーがあるのだと思いますが、他にヒンドゥー教徒が

大半を占めるバリでは珍しく、ヒジャブを被ったイスラム教徒の

女性も結構目立ちました。

 

タンジュン ブノア周辺の地図とホテル

バシ島 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: インドネシア タグ: , , パーマリンク