台北・龍山寺を観光

 

続いて龍山寺へやって来ました。

 

ここも以前来たのですが、軽く流してしまって、ちゃんと

見ておけば良かったと思っていたんですよ。どうせまた来れる

だろうという気持ちがどこかにあるんでしょうね。

 

龍山寺、正式には艋舺龍山寺と言い、福建省泉州出身の人たちに

よって1738年に創建された台北市内で最古の寺院らしい。

mengjia_longshan_temple_1

 

この電光掲示板がちょっと浮いている気がするのですが・・・

mengjia_longshan_temple_2

 

さすがに台北の三大?四大?観光名所と言われるだけあって、

日本語もかなり聞こえてきます。

 

反り返った屋根がいかにも福建系の寺院です。

mengjia_longshan_temple_3

 

旧正月(中国正月)が終わったばかりなので、まだ新年の

飾り付けが残っています。

mengjia_longshan_temple_4

 

これは通り抜けたら1年間健康で幸せに過ごせるとかの門?

私は並ぶのがめんどくさいからスルー。

mengjia_longshan_temple_5

 

改めて見ると、立派な装飾です。

mengjia_longshan_temple_6

 

mengjia_longshan_temple_7

 

これは龍柱ってやつですね。

mengjia_longshan_temple_8

 

こちらが本殿(正殿)。

mengjia_longshan_temple_9

 

ここにも龍柱。

mengjia_longshan_temple_10

 

本殿の本尊は観世音菩薩、ここは仏教の世界。

mengjia_longshan_temple_11

 

mengjia_longshan_temple_12

 

本殿の裏にある後殿には、道教や儒教など色々な神様が祀られていて

いかにも中国寺院って感じです。

 

文昌帝君、この神様もよく見ますね。日本でいう天神様らしい。

mengjia_longshan_temple_13

 

中国寺院では不動のクリーンナップ、天上聖母(媽祖)。

航海・漁業の女神さまです。

mengjia_longshan_temple_14

 

註生娘娘、安産と子育ての女神。このお方も中国寺院では

わりと見るレギュラーメンバー。

mengjia_longshan_temple_15

 

この赤ら顔の神様、関聖帝君(関羽)も天上聖母(媽祖)と

並んで中国寺院では不動のクリーンナップ。もうお一方は

観音菩薩(観世音菩薩)ですかね。

mengjia_longshan_temple_16

 

若い女性と日本人が目立つ、月老神君(月下老人)。

「赤い糸」でおなじみ、恋愛・縁結びの神様です。

mengjia_longshan_temple_17

 

私は参拝ではなく見学?拝むことはせず、また軽くやり過ごして

しまいました。やっぱり人が多いのは苦手です。

 

艋舺龍山寺へは、MRT龍山寺駅の1番出口から徒歩2分。

 

MRT龍山寺駅周辺の地図とホテル

台北 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: 台湾 タグ: , , パーマリンク