和心とんかつ あんずで吟醸とろロースかつ膳 バンコク

 

バンコクのホテルにチェックイン後、ちょっとぐったりしていたら

16時近くになっていました。

 

朝から大したものを食べていないので、おなか減った・・・

 

以前から「オープンまだかな?」と何度かチェックしていた

マーキュリーヴィルの「和心とんかつ・あんず」が、やっとオープンした

みたいなので行ってみます。

tonkatsu_anzu_bangkok_1

 

中途半端な時間だからか、(当時は)オープンして1ケ月も経っておらず、

まだ認知度が低いからか、客は他に誰もいません。

tonkatsu_anzu_bangkok_2

 

なんか全従業員から、じぃ~って監視されているみたいでプレッシャー。

 

メニューを見ると、とんかつ以外にも「エビかつ」とかそそられる料理が

あるんですけど、やはりここは王道でトンカツ。

 

吟醸豚なんていう珍しいメニューがあったので、その中から

「吟醸とろロースかつ膳」、480バーツ++で565バーツというこの店で

おそらく一番高いのを注文。なかなかいい値段ですね。

 

付き出しの切り干し大根。

tonkatsu_anzu_bangkok_3

 

ちょっと味が濃いですけど、しゃきしゃきした食感がいいです。

 

サラダ。キャベツだけ食べ放題?適当に頷いていたら、キャベツだけの

お代りを持ってきてくれました。

tonkatsu_anzu_bangkok_4

 

吟醸とろロースかつが登場。

tonkatsu_anzu_bangkok_5

 

ご飯も普通の白米と黒米入りの2種類、味噌汁もたしかワカメと大豆の

2種類の具から選べました。

 

「大豆(トゥアルアン)」の具って・・・味噌自体が大豆から出来ている

から、なんかスタッフが勘違いしているのかと思って、聞き直したのですが、

具も大豆だと。

 

確かに、少し砕いた大豆が具として入っていて、これが結構おいしかった。

 

肝心の豚カツですが・・・

 

あんずで食べるのは日本も含めて初めてなのですが、衣に特徴がある

ような気がします。衣が薄くてサクサク、クリスピーで軽い感じ。

tonkatsu_anzu_bangkok_6

 

肉厚ですが、全く問題なく噛み切れます。

豚肉自体もさすがに吟醸豚というだけあって、ジューシーで美味い。

 

衣が薄い分、見た目のボリューム感のわりにペロっと食べられる感じ。

 

ついでに気になっていた「エビカツ」もセットじゃなくて、単品で

あるなら行っとくか?と思いましたが、さすがに食べ過ぎなので

節制することにしました。

 

限定?「吟醸豚」シリーズのメニュー。

tonkatsu_anzu_bangkok_7

 

バンコクには、新宿さぼてん、まい泉、あんず、かつやと

日本のとんかつチェーンが進出してきており、更に個人経営的な

かつキング、勝一、ベック、かつ真などの店もありますが・・・

 

現時点で私の中のランキングでは、「あんず」がトップ。

確実にまた行くと思います。

 

吟醸豚ではなく普通のトンカツはどんなものか、それと「えびかつ」も

やっぱり食べたい。

 

和心とんかつ あんずの場所は、BTSチットロム駅直結のショッピング

モール「マーキュリーヴィレ(Mercury Ville)」の3階。

BTSチットロム駅との連絡口から入ってすぐ左手という好立地。

 

バンコク 日本の民放テレビが見れるホテル・サービスアパート

BTSチットロム駅周辺の地図とホテル

バンコクのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク

和心とんかつ あんずで吟醸とろロースかつ膳 バンコク への3件のフィードバック

  1. ピンバック: とんかつ あんず(バンコク)で厚切りロースかつ膳 | 泊まりたいアジア

  2. ピンバック: とんかつ和幸 バンコク伊勢丹 | 泊まりたいアジア

  3. ピンバック: あんずでチーズかつ膳 バンコク・チットロム | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。