カオモックガイ屋台 シーロム・コンベント通り

 

バンコク最後の食事は、2日前に行って空振りに終わった

カーオモックガイ(タイ風ビリヤニライスのチキン乗せ)の屋台へ。

 

ビリヤニは中東を起源として、インドなどの南アジア、

シンガポール、マレーシア、タイなどの東南アジアに広まった

コメ料理。タイではカオモックと言います。

 

kaw_mok_gai_1

 

店名は見当たりませんでしたが、カオモックガイの専門店で、

メニューは

 

タマダー(普通盛り) 35バーツ

ピセート・カーオ=ライス大盛り 40バーツ

ピセート・ガイ=鶏大盛り 45バーツ

タン・カーオ・ガイ=ライスも鶏も両方(大盛り) 55バーツ

スップ・ガイ・ロット・デット=素晴らしい味の鶏スープ 30バーツ

 

ホテルの朝食からまだそんなに時間も経っていないので、

タマダーを注文。

kaw_mok_gai_2

 

うまいです!

 

鶏肉もスプーンでちょっとさわるだけで、ホロって骨から外れる

ほど軟らかい。

 

ビリヤニ自体が大好きということもありますけど、今回タイで

食べた食事で一番(って大したもの食ってないか)。

 

この屋台を教えてくれた友達に

 

「めちゃおいしかったよ!紹介してくれて、ありがとう。」

 

って電話しときました。

 

お店の場所は、シーロム通りからソイ・コンベントに入って、

数10メートルの左手。タイ料理レストラン「BUA」の前あたりに

出ています。BTSサラデーン駅からは徒歩3分程度。

 

このコンベント通りは、他にもおいしいレストランや屋台が色々

あるグルメストリートですね。

 

バンコク 日本の民放テレビが見れるホテル・サービスアパート

BTSサラデーン駅周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク

カオモックガイ屋台 シーロム・コンベント通り への1件のフィードバック

  1. ピンバック: イエローライスでチキンビリヤニ バンコク・シーロム | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。