バンコクのチャイナタウンを歩く ヤワラート通り

 

バンコクのチャイナタウン(中華街)にやってきました。

 

ここでは何かを買ったり・食べたりよりも、ショップハウスなど

古い建物群をはじめ、人々の日常生活の一端を見るのが

楽しいです。

 

まずはメインストリートのヤワラート通り。

 

この日は、キン・ジェー週間(菜食週間)を数日後に控え、

黄色と赤の横断幕・のぼりなどが目立ちます。

yawaraj_china_town_bangkok_1

 

ニューエンパイヤホテル

yawaraj_china_town_bangkok_2

 

ホテルの下には、新三羊新興茶室。

yawaraj_china_town_bangkok_3

 

冷気茶室・・・

 

直訳すると、冷房が効いたお茶屋さん(茶芸館)?ですが、

喫茶店・カフェでもレストランでもありません。女性を置いて

いる置屋・売春施設です。女性の年齢層は高いが、料金は

安いお手軽風俗?

 

かつて中華街には、たくさんの冷気茶室があったそうですが、

既に絶滅寸前、残っているのが、この新三羊新興冷気茶室のみ?

yawaraj_china_town_bangkok_12

 

ソーンサワット通り。古いショップハウスが並んでいます。

yawaraj_china_town_bangkok_4

 

この通りをまっすぐ行き、チャルーンクルン通りを越えると、

ミットパン通りと名前を変え、7月22日ロータリーに突き当ります。

 

ヤワラート通りを進みます。

 

右手にシャンハイマンション。内外装ともに中国風にデザイン

されたブティックホテルです。

yawaraj_china_town_bangkok_5

 

隣はフカヒレレストランのスカラ。

yawaraj_china_town_bangkok_6

 

ブロードウェイホテル(BROAD WAY HOTEL/百楽滙大旅社)

yawaraj_china_town_bangkok_7

 

ここは中国人女性(売春婦)がいる置屋ホテル。階段に

女性が何人か座っていたり、どこかにちょっと買い物に行く

のか、完全に周りからは浮いた衣装の女性(おばさん)が

出てきたりします。

 

中華街のど真ん中、ホワイトオーキッドホテル

yawaraj_china_town_bangkok_8

 

改装するのかな?閉鎖中です。

yawaraj_china_town_bangkok_9

 

ヤワラートへ来る時、タクシーに「ヤワラートのどこ?」と

聞かれると、このホワイトオーキッドの名前を挙げていたの

ですが、前回見つからなかったんです。

 

このあたりのはずなのに・・・おかしいなあ・・・と思っていた

のですが、閉鎖中だったんですね。

 

ラーチャウォン通りを右に曲ってすぐにグランドチャイナホテル

yawaraj_china_town_bangkok_10

 

以前はデュシット(デュシタニ)のセカンドブランド「プリンセス

ホテル」の名前が付いたグランドチャイナプリンセスホテル

でしたが、デュシットの運営から外れたようです。

 

下層階は工事中。

yawaraj_china_town_bangkok_11

 

グランドチャイナヤワラート(Grand China Yaowaraj)という

ギフト商品のホールセール(卸売り)のショッピングモールに

なるようです。プラトゥーナムにありそうな感じのモールですね。

 

気が付かないうちに、ヤワラートも色々変わっています。

 

バンコク 日本の民放テレビが見れるホテル・サービスアパート

バンコク・チャイナタウン周辺の地図とホテル

バンコクのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , , パーマリンク