インドネシア到着ビザ(Visa on Arrival)

 

日本人がインドネシアに入国する場合、到着ビザ(Visa on Arrival)を取得す

る必要があって、いままで7日以内が10USドル、8-30日が25USドルだった

わけですが、2010年1月26日より30日以内・25ドルに一本化されています。

 

一方でガルーダインドネシア航空が同じ1月26日より、日本発の同航空機内で

のビザ取得サービス(Visa on Board)を開始したようです。日本発の全ての

ガルーダ航空便に2名のイミグレーション職員が同乗するそうです。

 

デンパサール国際空港(ングラライ国際空港)のビザ取得カウンター自体はそれ

ほど混んでいる印象はないので、機内でビザが取得できたとしても、そんなに

メリットあるかな?

 

それより、入国審査(イミグレーション)カウンターが混むのを何とかして欲しいで

すよね。

 

韓国とか東南アジアの国などビザ免除国の人が利用するノービザ用イミグレー

ションカウンターは空いているような気がするのですが・・・隣の芝生は青く見え

るだけ?

 

(追記)

まずは2月1日から成田発のGA881便のみが対象になっています。搭乗手続き

後、成田でビザ代25USドルを支払い、受領証(レシート)を受け取る。その受領

証・出入国カード・パスポートを基に、「機内で入国審査」も行ってくれるそうで

す。審査後、入国審査済みを証明する水色のカードが渡され、到着後は専用の

カウンターでこのカードを渡すだけで入国となるそうです。これなら便利ですね。

 

Related Post

カテゴリー: インドネシア タグ: , , , パーマリンク