クイン(QUYNH) フーティウの店

 

表札・ネームプレートの専門店が並ぶ「ルオンフーカン通り

をちょっと見物してから、更にグエンチャイ通りを西に進みます。

 

コンクイン通り(Cống Quỳnh通り)やファングーラオ通りと

交差するロータリーを過ぎて、更にグエンチャイ通りを進んで

すぐ、右手に「QUYNH(クイン)」の看板が。

quynh_1

 

おおっ、ここはネットで何回か見たことがある店です。

 

HU TIEU NAM VANG/フーティウ・ナムヤンがウリみたい。

 

フーティウは米から作った麺で、ベトナムの南部名物の麺。

いわゆる粿條・クイティアオ・クイティオですね。ナムヤンとは

南蛮と書いてプノンペンを意味するらしい。プノンペン

(カンボジア)から伝わったフーティウなのかな?

 

店に入ってみます。

quynh_2

 

quynh_3

 

英語とベトナム語併記のメニューから、フーティウの

「KHO DAC BIET(コー・ダック・ビエット)」というのを注文。

 

まずはビニール袋にパックされたフォークとスプーン(清潔・

衛生的だというのをアピール?)、それと付け合わせの野菜

などが運ばれてきます。

quynh_4

 

ついでに注文したアイスコーヒー。

quynh_5

 

予想はしていましたが、やはりクソ甘かった。

 

フーティウもやってきました。

quynh_6

 

ベトナム語でKHOは「乾いた(=汁なし)」、DAC BIETは

「特別」という意味。エビや豚肉・内臓など具は盛りだくさん

です。それぞれのメニュー(具)で、フーティウの他、フォー、

ブン、ミエンの中から麺が選べるようでした。

 

タレも多少掛かっているのですが、ライムを絞り、付いてきた

スープを少しと別盛りの野菜をちぎって入れ、かき混ぜます。

 

同じ米から作ったフォーと違い、コシがあって、噛み切った

際のプツって感じが良いですね。フォーよりフーティウの方が

好みです。

 

スープはちょっと甘い感じもあり、個人的にはそれほど・・・

 

値段は、このフーティウ・コー・ダック・ビエットが77,000ドン、

アイスコーヒーが22,000ドンと思ったより高かったです。

 

ファングーラオ通り周辺の地図とホテル

ホーチミン ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: ベトナム タグ: , パーマリンク