ポープラヤー 怪しい?妖しい?マッサージ店 バンコク・ウドムスック

 

バンナーでの用事を済ませた後、

 

「そうだ、ウドムスックのあのマッサージ店に行ってみよう!」

 

一昨年8月にBTSスクンビット線が延長され、ウドムスック駅

周辺を探索している際、気になった怪しいマッサージ店

「ポー・プラヤー(Pho Praya)」です。

pho_praya_massage_1

 

店内に入ると、すぐにマッサージパーラーの様なひな壇

(通称:金魚鉢)が。いかにも風俗的・Hなサービスがありそうな

雰囲気です。

 

待機しているマッサージ嬢は5-6人だったでしょうか。それほど

年配の女性はいないようですが、美人さんはいない感じ。

女性よりも設備がかなり年季が入っています。

 

料金を聞いたら、300バーツ(2時間かな?)ということで、

階段を上がって部屋に行きます。

pho_praya_massage_2

 

一応、個室なのですが、天井が開いています。

pho_praya_massage_3

 

マッサージ着に着替えてから、足洗い場に行くのですが、

部屋に貴重品を残していくのも不安なので、持って行きます。

 

部屋に戻って、普通のタイ古式マッサージが始まります。私が

選んだマッサージ師は、30歳くらいの色白でちょっとがっしり

した体型の女性でした。

 

まあ、ヘタクソでもないけど上手くもない、それなりのマッサージ

ですが、脚の根元のリンパ腺を抑える時に股間を微妙に触った?

マッサージ師の女性も、私も、そんな素振りも見せず、単々と

マッサージが続きます。

 

1時間半くらい経ったでしょうか、

 

「ここはマッサージ以外のサービスもあるのよ。」

 

「へ~、どんなサービス?(としらばっくれてみます)」

 

「いろいろあるわよ。」

 

「いくらなの?」

 

「他の店と同じくらいよ。」

 

「他の店がいくらか知らないから、教えて。」

 

手・口・全部が500・1,000・1,500バーツらしい。

 

こんな天井が開いている部屋で本番なんてやる人いるの?

 

それにシャワーもない部屋で若くも美人でもない女性に、そんな

料金払う人いるのかな?マッサージパーラー(MP)行く方が

マシなのでは・・・

 

交渉すれば、もう少し安くなるのかもしれませんが、その気も

ないので、止めておきます。

 

そしたらマッサージはこれで終わりと言われました。30分くらい

時短されたかな?

 

店を出るともう暗くなっていて、妖しい光を放っています。

pho_praya_massage_4

 

まあバンコクにはいくらでもある、表向き古式マッサージで

(というかここは表向きも怪しいが)性的なサービスもあるという

マッサージ店でした。

 

わざわざ行くほどのことはない、というより純粋にマッサージ

目的でも、スペシャルサービスが目的でも、もっと他の店が

あるんじゃない?という感じ。

 

お店の場所はスクンビット通り沿い、BTSウドムスック駅から

プンナウィティ駅方向に徒歩3分ほど。

 

バンコク 日本の民放テレビが見れるホテル・サービスアパート

スクンビット地区の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , , パーマリンク