KCIに乗ってテキスタイルミュージアム ジャカルタ・タナ アバン

 

ジャカルタ2日目、近くのスディルマン駅から

KCI(Kereta Commuter Indonesia、KRLジャボタベック)

に乗ってテキスタイルミュージアム(繊維博物館)

に行くことにします。

 

テキスタイル ミュージアム(繊維博物館)は

2駅先のタナ アバン(Tanah Abang)駅近くに

あります。

 

この後ホテルを移動するので、スディルマン駅が

すぐそばにある今のホテルに滞在している午前中に

行かないと。

 

トランスジャカルタやMRTで使用している

電子マネー・eMONEYが使用出来ました。

 

ところでKCIの自動改札って、カードをタッチする

所が左手にあったりするのです(入る時は左で、

出る時が右とかバラバラ?)。

 

海外も含め右しか経験がないから、右側にタッチ

しても、「あれっ、開かない」ってことになります。

 

で、隣の改札ですよって言われてしまいます。

 

改札内に入るとローソンがありました。

 

KCIには日本から譲渡された車両がたくさん 走って

いると聞きますが、これは営団地下鉄(東京メトロ)

の5000系ってやつでしょうか?

 

 

 

扇風機に付いているロゴマーク、営団地下鉄

(現 東京メトロ)ですよね。

 

わずか5分ほどでタナアバン駅に到着。

 

ホームが低くて段差があるので、車両にステップが

取り付けてあります。

 

タナアバン駅の改札を出ると、線路に沿って

高架歩道が作られており、フリーマーケットに

なっています。

 

 

テキスタイルミュージアムの案内も出ていますね。

 

テキスタイルミュージアム方向の橋の手前まで

高架歩道が続いています。

 

 

橋を渡って線路と川を超えると、テキスタイル

ミュージアムはもうすぐです。

 

博物館に到着、入場料は5Kルピア(約40円)。

 

元々19世紀初めにフランス人の邸宅として建設

された建物のようです。19世紀初めってことは

200年近く経っているのか・・・

 

 

中に入りますと、バティック(ジャワ更紗)の

コレクションが展示されています。

 

 

 

 

 

各布には簡単な説明書きが付いているのですが、

Katunという表示が目立ちます。カトゥーン?

調べたらインドネシア語で「綿」という意味でした。

英語のコットンから来たのでしょう。

 

他にBatik Tulisという表示も多く、これは

手描きバティックという意味でした。

 

 

 

これはBatik TulisではなくCampuranとの表示。

調べるとCampuranは混合という意味。手描きと

版・スタンプ染めの混合という意味でしょうか。

 

サロン(サルン)と呼ばれる腰布。

 

上記がコレクションの全てではありませんが、

正直言って、展示品はこれだけ?って思いました。

 

裏にも建物と庭があります。

 

図書室(資料室?)などいくつかの部屋に分かれて

いますが、見学出来そうなのはこちら。

 

様々な織物の原材料・織機の展示と製造工程の

説明など。

 

 

 

わざわざ来たわりに展示はこれだけ?という感は

否めませんが・・・

 

コロニアル風の歴史ある建物が見られたのと、

KCIに乗る良い機会になったので良しとします。

 

テキスタイルミュージアム周辺の地図とホテル

ジャカルタ ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: インドネシア | タグ: , , | コメントする

IKAN TUDE MANADOでマナド料理 激辛サンバル ジャカルタ・タムリン

 

日本からの移動で疲れたので、今日の夕食は近場で

とることにします。

 

グーグルマップで探して見つけたのが、こちらの

IKAN TUDE MANADO(イカン トゥデ マナド)。

ホテルから徒歩2分くらい。

 

がらーんとした、昔の社員食堂みたいな店内。

ジャカルタの庶民的なレストラン・食堂って、

こんな味も素っ気もない内装が多くないですか?

 

コーヒー ミルク マナド、15K+2.5K(氷代)ルピア。

コーヒー味も甘みもうっすい感じ。

 

メニューはインドネシア語のみのようなので、

マナドの名物料理を事前に予習し、注文する

料理を決めて来ました。

 

ナシゴレン チャカラン(NASI GORENG CAKALANG)、

40Kルピア。

 

チャカラン=カツオのフレークです。

 

ナシゴレンが黄色いのはターメリックかな?

 

カツオはココナッツミルク風味で少し甘いです。

ライスも辛さは全くありません。

 

ココナッツミルクを使った料理があまり好きでは

ないので、個人的にはもう一つって感想でした。

 

トゥデ バカ―ル(TUDE BAKAR)、40Kルピア。

 

店名がIKAN TUDE MANADOなので、TUDEは

きっと名物なんだろうなと思い、注文しました。

 

TUDEはアジなのかな?ネットで検索すると、

サバの一種との記載もあります。

 

アジの特徴のゼイゴ(硬いギザギザのうろこ)が

ありました。

 

身をむしってもアジって感じです。

 

焼いただけ?塩焼き?なので、サンバルを付けて

頂くわけですが・・・

 

これはよく見るサンバル トラシですよね。

 

トラシというエビの発酵調味料がベースのサンバル。

コクがあって、香ばしいような感じ。めちゃくちゃ

辛いわけではない。

 

と思っていたけど、食べていくうちに、やっぱり

辛くなってきた。

 

少し甘ったるいナシ ゴレン・チャカランにも

混ぜて食べると、ぐっと好みの味になりました。

 

もうひとつが、後で調べて分かったのですが、

サンバル ダブダブ(Sambal Dabu-Dabu)かな。

 

見た目はさっぱり、さわやかな感じですね。

 

緑はトマト?青唐辛子?

唐辛子としても、私の経験では、小さい唐辛子=激辛、

大きい唐辛子=それほど辛くない。

 

余り辛くないバリ島のサンバル・マタみたいなもの

かと思って、気にせず頂いたら・・・

 

激辛でした。

舐めてました。

 

食後のデザートにクラッペルタルト(KLAPERTART)、

25Kルピア。マナドの名物スイーツらしい。

 

表面は卵白(メレンゲ)を焼いたものにレーズン

でしょうか。

 

中はココナッツの胚乳に、カスタードっぽいけど・・・

 

ドリアンでした。

 

ドリアン大好きですし、それに激辛サンバルの

後でしたので、このスイーツはおいしかった。

とても気に入りました。

 

お勘定は8%のVAT?サービス料?(レシートでは

TAX表記)が加算され、計Rp.132,250(約1,020円)

でした。

 

お店の場所はKCIスディルマン駅前、MRTデュク

アタス駅や空港鉄道のBNIシティ駅も徒歩2~4分。

 

BNIシティ駅(スディルマンバル駅)周辺の地図とホテル

ジャカルタ ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: インドネシア | タグ: , | コメントする

DUA SISI そこそこレートの良いジャカルタの両替所

 

昼食の後は、両替に行かなければ・・・

 

多少のインドネシア・ルピア現金は持っていましたが、

さすがに3泊4日を過ごすには足りません。

 

ジャカルタでレートの良い両替屋と言えば、まず

頭に浮かぶのが、プラザブロックMに入っている

TRI TUNGGALです。

 

MRTが開通して、ブロックMへ行くのもそれほど

苦になりませんが、たかが2~3万円両替するだけ

なので、今いるスナヤンで両替することに。

 

DUA SISIという両替商がスナヤンシティモールと

プラザスナヤンに入っています。

 

どちらもすぐそばなのですが・・・

 

両替ではないけど、プラザスナヤンはうな兆

食べた際に行ったことがあるので、今回はスナヤン

シティモールへ行ってみます。

 

スナヤンシティモールも立派なショッピング

モールですね。

 

DUA SISIはLG(地下1階)にあります。

 

この時のレートは1万円=129.75万ルピア。

 

他と比較していませんが、DUA SISIはそこそこ

良いレートを提示する両替所という評判です。

 

ちなみに両替時にはパスポートの提示を求められ、

宿泊しているホテル名を書かされました。

 

そういえばDUA SISIってなんか聞き覚えがあるなあ

と思っていたら、スラバヤのトゥンジュンガンプラザ

にも入っていたんですね。

 

この時は1万円で2,500ルピアという僅かですが

レートの良かった別の店で両替しました。

 

DUA SISIの売りは、レートはまあまあですが、

グランドインドネシア、プラザインドネシア、

パシフィックプレイス、スナヤンシティモール、

プラザスナヤンなどに支店があり、便利な立地・

アクセスの良さでしょうか。

 

プラザスナヤン周辺の地図とホテル

ジャカルタ ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: インドネシア | タグ: , | コメントする

明發 ミンファーでシンガポール名物バクチョーミー ジャカルタ・スナヤン

 

ホテルにチェックイン後、先ずは昼食です。

 

3月に開業したばかりのMRT(地下鉄)でスナヤンに

向かいます。

 

MRTはKartu Jelajah(シングルトリップとマルチ

トリップ)というICカード型チケットの他、いくつかの

電子マネーも利用出来るようです。

 

私はトランスジャカルタで使っていたマンディリ銀行の

eMoneyを持っています。もう2年以上利用履歴がない

はずだけど、大丈夫かな?

 

MRTの改札にタッチしたら入れたので、まだ使える

ようです。

 

トランスジャカルタ(バス)に比べると、MRTは

格段に快適です。

 

スナヤン駅で降りてやって来ましたのは、

明發(ミンファー)という、シンガポール発の

バクチョーミー(肉脛麺)のお店。

 

ジャカルタ最初の食事がシンガポール料理というのも

なんですけど・・・

 

この旅の最後に行くシンガポールで、大華(Tai Wah)

というバクチョーミーの店で食べるつもりでしたが、

その大華がジャカルタに出店しているのを知ります。

 

でも場所がプルイットなので遠いなあ。

 

そこで交通の便が良いところに他のバクチョーミーの

店はないかと探して、見つけたのがこの明發です。

 

ウェブサイトによると、シンガポールで13軒も

支店があり、インドネシア・ジャカルタにも

5店舗あるらしい。

 

バクチョーミー、バクテー(肉骨茶)、チキンライス

などジャカルタにはシンガポール系の飲食店が結構

進出しています。

 

14時前とお昼時を過ぎているので、空いていました。

 

ドリンクはサワープラム(酸梅湯)、18Kルピア。

 

暑い東南アジアでは、この酸梅湯や桔仔冰など

甘酸っぱいドリンクがぴったりです。

 

底に烏梅(梅の実を燻製にしたもの)の種が。

 

バクチョーミー(スープ付き)、43Kルピア。

 

辛さはスパイシーとミディアムが選べ、私は

ミディアムにしました。

 

バクチョーミーは肉脛麺と書き、ミンチ肉・挽肉が

基本の具で、香茹(しいたけ)も定番。

 

後は店やメニューにより、豚レバー、肉団子、

魚団子などが入っています。

 

この鐡脯と呼ばれる、干したヒラメ・カレイを

更に油で揚げたものが、カリカリで香ばしい。

 

麺は広幅麺のミーポック(面薄)と細麺のミーキア

(面仔)から選べますが、私は断然ミーポック派。

 

期待に胸膨らませて頂きますと・・・

 

ミディアムでも結構スパイシーですが、私には

酸味が足りないなあ。

 

私が初めてバクチョーミーを食べたのが、屋台ながら

ミシュラン一ツ星を獲得した吊橋頭大華猪肉粿條麺

なのですが、ここは酸味がガツンときて病みつきに

なりました。

 

これが肉脛麺のスタンダードと思っていたのですが、

以降食べた店はどこも酸味が物足りません。

 

どうも酸味は控えめにして、お客さんの好みで自ら

黒酢を投入するというのが一般的なのかな。

 

CUKAと書かれたのが酢(黒酢)です。

 

これを大量に投入。

 

かなり入れたのですが、それでももっと酸味が

欲しいなあと思いました。舌がバカになってる?

 

もう一品、フィッシュボールスープ、35Kルピア。

 

明發はフィッシュボール(魚圓、魚団子)が祖業で

看板メニューのようなので、注文してみました。

 

フィッシュボールはふわふわでもあり、QQな食感も

あり、おいしかったです。

 

バクチョーミーはまあまあおいしかったのですが、

私が求めていたもの(=酸味がガツンと来る)とは

少し違いました。

 

明發・スナヤン店の場所は、MRTスナヤン駅の

南西方向、プルタミナのガソリンスタンドの前にある

ハン トゥア ラヤ(Hang Tuah Raya)通りを入って左手。

スナヤン駅から徒歩10分ちょっと。

 

プラザスナヤン周辺の地図とホテル

ジャカルタ ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: インドネシア, シンガポール | タグ: , | コメントする

オールシーズンズ ジャカルタ タムリン 空港鉄道BNIシティ駅すぐ近く 旅行記・口コミ・宿泊

 

ジャカルタ初日はオールシーズンズ ジャカルタ タムリン

All Seasons Jakarta Thamrinに宿泊しました。

 

スーペリアルームという部屋を予約、料金は1泊

税・サ・朝食込みで4,584円(約617Kルピア)。

 

オールシーズンズはフランス・アコーホテルズの

ブランドでしたが、数年前にイビス スタイルズへ

変更されました。

 

ここはなぜかオールシーズンズのままです。

 

ロケーションは、空港鉄道レイリンクのBNIシティ駅

(スディルマン バル駅)から徒歩3~4分、開業した

ばかりのMRTドゥクアタス駅がすぐ目の前、KCI

(KRLジャボタベック )のスディルマン駅が2分。

 

現在のジャカルタでは、これ以上を望めないほど

交通の便が良い立地です。

 

KCIスディルマン駅 の隣にアルファ エクスプレスと

いう小さなコンビニがありました。グーグルマップ

でスディルマン駅にローソンもあるのを確認して

いましたが、残念ながら改札内でした。

 

またショッピングモールのグランドインドネシアも

徒歩10分以内です。

 

部屋は512号室。

スーペリアは22平米で、広くはないですが、極端に

狭いわけでもありません。

 

所々に傷んだ箇所がありますが、清潔感に大きな

不満はないレベルです。

 

ホテルのグレードからすれば、ベッドの寝心地は

結構良いです。

 

コネクティングルームだったせいもありますし、

またエレベーターに近いせいもあったのか、隣室や

廊下の声・音が結構聞こえてきました。防音性は

あまり良くないのでは。

 

テレビチャンネルにはNHKワールドプレミアム

(日本語放送)の他、日本の民放の少し古い番組を

中心とするワクワク ジャパンがあります。

 

(参考)

ジャカルタ 日本語番組・Wakuwaku Japanを視聴出来るホテル

 

ソファ・テーブル。

 

窓からの景色。

こうして見るとジャカルタは大都会ですね。

 

ワーキングデスクは広くなく、鏡台用みたいな椅子

ですので、デスクワークには向いていません。

 

Wifiのアクセススピードは特に不満なし。

 

無料のドリンキングウォーター、インスタント

コーヒー・ティーバッグ、ポット。

 

電源コンセントは多くがユニバーサルタイプで

日本のAタイプがそのまま差し込めるので(電圧は

違います)、不便はありませんでした。

 

冷蔵庫は空です。

 

バスルーム内ではなく、ベッドルーム側にある

洗面台。

 

固定式のヘアドライヤーに加えて、歯ブラシ・歯磨き粉、

ソープのみ。

 

クローゼットはドアのないむき出しタイプ。

 

セーフティボックスとスリッパあり。

 

シャワーブースとトイレは別々です。

シャワーブースに更衣スペースがありませんので、

2人で泊まる場合は相手を選ぶと思います。

 

レインシャワーとハンドシャワーがあり、お湯の

温度・量(水圧)は特に問題ありませんでした。

 

シャンプー兼ソープの2in1のディスペンサー。

 

タオルはバスタオルのみ。

 

トイレにはTOTOの簡易式ウォシュレット、

エコウォッシャーが付いています。

 

便器の脇にあるつまみを回すと、お尻のところに

水が出る仕組み。温水ではありません。

 

(参考)

ジャカルタ ウォシュレット付きのホテル・サービスアパート

 

朝食は最上階R階のカフェレストランにて。

ビュッフェスタイルですが、料理のバラエティは

それほど多くはありません。

 

味も今一つでした。

 

高級ホテルは違うでしょうが、中級ホテルですと、

ここに限らずジャカルタのホテルの朝食ビュッフェ

は私の口にはあまり合わないです。

 

生野菜はサニーレタス一種類だけ。

 

 

 

お好みの卵料理を作ってくれるエッグステーション

はありましたが、スタッフがいなかったので、

注文しませんでした。

 

但し、席数とテーブル間の距離に余裕があるのは

良かったです。また屋外テラス(喫煙可?)でも

食べられます。

 

館内施設にプールはないですが、フィットネスジム

は1階(2階相当)にあります。

 

エレベーター内の案内も「ミニジム」と書いて

あった通り、マシン数も多くありません。

 

このオールシーズンズ ジャカルタ タムリンに

泊まった感想は・・・

 

立地は最高ですが、部屋は可もなく不可もなく。

 

今回の料金なら予約して悪くなかったですが、

MRTの開業で最近は強気?結構値上がりしており、

現在の料金ですと割高に感じます。

 

同程度の料金なら、BNIシティ駅からは2分ほど

遠くなりますが、近くのホリデイ イン エクスプレス

の方が良いかな。

 

オールシーズンズ ジャカルタ タムリンの客室タイプ・料金を調べる

ジャカルタ その他のホテル・サービスアパート宿泊記

BNIシティ駅(スディルマンバル駅)周辺の地図とホテル

ジャカルタ 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: インドネシア | タグ: , | 3件のコメント