世界遺産 プランバナン寺院 ジョグジャカルタ観光

 

続いてもう一つの世界遺産・プランバナン寺院群に向かいます。

 

走り出してしばらくすると、運転手が「お腹は減ってないか?」

と聞いてきます。

 

ああ、もう12時近いですね。

 

「まだそれほどでもないので、プランバナンに着いてからで

いいよ」と言ったのに、すぐに1軒の食堂へ横付け。

 

運転手が朝から何度か食事は大丈夫かと聞いてくるなあと

思っていたのですが、私のことを気遣っているのではなく、

自分が朝から何も食べていなくて腹が減っていたようです。

 

まったく・・・

 

注文は運転手に任せて、出て来たのがこれ。

コメと麺の両方入っている不思議なスープ。

borobudur_prambanan_lunch_1

 

borobudur_prambanan_lunch_2

 

薄味で揚げタマネギの味が香ばしい。

 

何て言う料理名なの?と聞いても、特に名前はないみたいで

「スープ」だと。

 

それに牛肉とサンバルをぶち込みながら食べます。

borobudur_prambanan_lunch_3

 

特別うまくもなくまずくもなく。

これにアイスティーを合わせて2人分で約5万ルピアでした。

 

昼食の時間を除くと、ボロブドゥール遺跡周辺からプラン

バナン寺院までの所要時間は車で約1時間半。

prambanan_temple_1

 

なかなか写真映えする姿をしています。

一見カンボジアのアンコールワット風。

 

規模はアンコールワットの方が大きいですけど、アンコール

ワットが建設されたのが12世紀に対し、プランバナンは

9世紀、古さでは勝っています。

 

さっきのボロブドゥール寺院は仏教寺院でしたが、プラン

バナン寺院はヒンドゥー寺院です。

 

一般的にプランバナン寺院と呼ばれていますが、

ロロ・ジョングラン寺院とも言うそうです。

 

元々200以上の小さな神殿・聖堂・祠があって、それらが

崩れた石・ブロックに囲まれています。

prambanan_temple_2

 

1549年の地震で大半が崩れ去り、20世紀になってから

修復作業が行われていましたが、2006年のジャワ島中部地震で

また大きな被害を受けていて、どっちの地震で崩れたものか

分かりませんけど。

 

ロロ・ジョングラン寺院は、ヒンドゥー教の三大神である

ブラフマー・シヴァ・ヴィシュヌの名前を冠したブラフマー神殿

(聖堂)、シヴァ神殿、ヴィシュヌ神殿の3つが並び、その手前に

各神の乗り物であるハンサ神殿、ナンディ(ナンディン)神殿、

ガルーダ神殿が並んでいて、この6つが主要な建物。

 

一番大きくて立派なシヴァ神殿。

prambanan_temple_3

 

入口の階段脇はマカラと獅子。

prambanan_temple_4

 

門の上にはカーラ(鬼)とマカラの彫刻。

prambanan_temple_5

 

破壊の神、シヴァ像。

prambanan_temple_6

 

prambanan_temple_7

 

prambanan_temple_8

 

prambanan_temple_9

 

シヴァの息子であるガネーシャ像を祀った部屋もありました。

シヴァの妻であるドゥルガーを祀った部屋もあるそうですが、

見逃していたようです。

prambanan_temple_20

 

カーラ(鬼)、鬼瓦って感じですね。

prambanan_temple_10

 

こちらはマカラ(摩伽羅魚)。

prambanan_temple_11

 

カーラとマカラ。

prambanan_temple_12

 

さっきのボロブドゥール寺院もこのプランバナン寺院も

マカラばかりで、蛇神ナーガが全く見られないですね。

 

左からブラフマー神殿、シヴァ神殿、ヴィシュヌ神殿。

prambanan_temple_13

 

創造の神、ブラフマー像。

prambanan_temple_14

 

ブラフマーは四つの顔を持つ四面神。

prambanan_temple_15

 

維持の神、ヴィシュヌ像。

prambanan_temple_16

 

シヴァの乗り物、聖なる牛・ナンディー(ナンディン)。

prambanan_temple_17

 

ブラフマー神の乗り物であるハンサ(ガチョウ・白鳥)、

ヴィシュヌ神の乗り物のガルーダは、それぞれの神殿内に

像はなかったです。

 

2006年5月27日のジャワ島中部地震による被災記念プレート。

prambanan_temple_18

 

prambanan_temple_19

 

このロロ・ジョングラン寺院だけなら、急ぎ足で見学して

所要時間30分、わりとじっくり見ても1時間あれば充分だと

思います。

 

この後のスケジュールは・・・

 

プランバナン「寺院群」と言うくらいですから、周辺にも

いくつか寺院があるのですが、ロロ・ジョングラン寺院と

同じ敷地内?北側にある3つの寺院にも行ってみます。

 

プランバナン寺院周辺の地図とホテル

ジョグジャカルタのホテル

 

カテゴリー: インドネシア | タグ: , , , | コメントする

現役のムンドゥット寺院 ジョグジャカルタ近郊

 

ムンドゥッ寺院の見学を終え、プランバナン寺院へ行こうと

土産物屋の客引きを無視しながら車のところに戻って行く

途中にお寺らしきものを発見します。

 

タイ・チェンマイのリゾートホテルのような雰囲気です。

mendut_monastery_1

 

スフィンクスみたいな髪型をした石獅。スフィンクスも

獅子・ライオンですからね。

mendut_monastery_2

 

mendut_monastery_3

 

これも獅子なのかな?

石獅が手にするのは球が多いですけど・・・

mendut_monastery_4

 

生首みたいなものを抱えています。子供なのか。

mendut_monastery_5

 

mendut_monastery_6

 

mendut_monastery_7

 

つちのこみたいですが、蛇神ナーガでしょうか?

mendut_monastery_8

 

mendut_monastery_9

 

釈迦の苦行像。

mendut_monastery_10

 

ニッバーナ(ニルバーナ)・ラタナ・ストゥーパという仏塔。

mendut_monastery_11

 

いくつかの国から贈られた仏陀の遺骨・遺灰が納められて

いるそうです。

 

川崎市にある善養寺(浄土宗)の古庄良源師から贈られた

釈迦牟尼像。

mendut_monastery_12

 

こちらはチャンディ・サンガラージャという祠。

mendut_monastery_13

 

2003年に当時のサンカラート(大僧正、タイ仏教界のトップ)

であるソムデット・プラ・ニャナサンバラの生誕100周年を

記念して奉納されたと書かれていました。

 

イスラム教の国・インドネシアにある仏教寺院ということで

厳しい状況にあるだろうから、他国の仏教界の寄付・援助も

多いのでしょうか?

 

それほど広い敷地ではないのですが、本当にたくさんの

石像があります。

mendut_monastery_14

 

この象みたいな顔をした魚はマカラ(摩伽羅魚)でしょう。

ワニ、象、イルカなどに似た姿で描かれます。

mendut_monastery_15

 

半鳥半人のキンナラ。

mendut_monastery_16

 

カンボジア・アンコールトムのバイヨンもどきが出てきました。

mendut_monastery_17

 

クメールの微笑み?

mendut_monastery_18

 

神鳥ガルーダ(迦楼羅天)。

mendut_monastery_19

 

mendut_monastery_20

 

ドヴァラパーラ(守門天)、バリっぽいイメージ。

mendut_monastery_21

 

アンコールトムの象のテラス?

mendut_monastery_22

 

ガルーダ。

mendut_monastery_23

 

半鳥半人の女性バージョン、キンナリー。

mendut_monastery_24

 

mendut_monastery_25

 

これもドヴァーラパーラ(守門天)でしょうか。

mendut_monastery_26

 

mendut_monastery_27

 

頭が龍で体が亀の龍亀(ロングイ)、財運をもたらす

中国の瑞獣です。

mendut_monastery_28

 

カエルが乗っていました。何か良いことあるかな?

mendut_monastery_29

 

遺跡としてのムンドゥッ寺院より、こちらの現役のお寺と

して存在しているムンドゥッ寺院の方が、ヒンドゥー教・仏教の

ミニテーマパークみたいで楽しかったです。

 

但し、日常的な祈りの場であるとか、地元の人たちの生活に

密着しているという雰囲気は全くないです。

 

ムンドゥット寺院周辺の地図とホテル

ジョグジャカルタのホテル

 

カテゴリー: インドネシア | タグ: , | コメントする