プーンサワット ホテル チェンカーン 築69年の木造建築 旅行記・口コミ・評判

 

ルーイ県チェンカーンでは、プーンサワットホテル

(Poonsawasdi Hotel)に宿泊しました。

 

予約サイトのホテル名は、プーンサワディー、

プーンサワスディ、ポーンサワディーなどバラバラ

なのですが、タイ語の発音ではプーンサワット。

 

スタンダードという部屋を予約、料金は1泊税・サ込、

朝食なしで2,859円(834バーツ)。

 

せっかくチェンカーンに来たのですから、この街を

有名にしている古い木造家屋を利用したホテルに

泊まろうと探していました。

 

第1候補はスネタ ホステルでしたが・・・

 

ここはインスタ映えスポットとしてタイ人に超有名

且つメコン川沿いでナイトマーケット(ウォーキング

ストリート)のど真ん中という立地の良さもあり

強気の価格設定です。

 

しかも一番安い部屋は窓無しのようなので断念。

 

一般論として、チェンカーンのホテルはクオリティ

のわりに料金が高いという印象です。絶対額としては

それほどでもないですが。

 

他を探している中、料金もお手頃で評判も良さそう

だったので決めたのが、今回泊まったプーンサワット

ホテル。

 

チェンカーン観光の中心となるチャーイコーン通り

からシーチェンカーン・ソイ9を入ったところ。

 

チャイコーン通りはソイ20からこのソイ9あたり

までが店も多く賑わっています。

 

エアアジアやノックエアのルーイ空港から/までの

バンサービスを利用する場合、ピックアップ及び

ドロップオフポイントはソイ20周辺になりますが、

そこまでは徒歩10分弱。

 

コンビニはチャーイコーン通りと反対側の

シーチェンカーン通り(国道211号線)に出て、

ソイ10の対面あたりにセブンイレブンがあり、

徒歩3分程度。

 

最高ではないですが、悪くない立地です。

 

1950年に建設された木造の建物、全8室のみの

小さなホテルです。

 

漢字では、蓬合発旅店。

 

チェンカーンにある古い木造家屋のホテル・

ホステル・ゲストハウスはたいていそうですが、

玄関で靴を脱いで上がるシステム。

 

階段を上がります。

 

廊下の左右に部屋が並んでいます。

 

廊下の突き当り、通り(シーチェンカーン・ソイ9)に

面した部分は共有のバルコニーになっています。

 

 

私の部屋は通りに面した5号室。

1号室と5号室が通りに面していました。

 

鍵はこんな南京錠です。

 

部屋に入ると、かなり狭いです。

値段が値段だけに贅沢は言えませんけど。

 

古い木の壁板をそのまま利用しているのかな。

 

 

歴史を感じられる趣のある部屋ですが、こんな作り

ですから、防音性はないに等しく、隣室の話し声も

筒抜けだし、外の音も屋外にいるかのごとく

聞こえてきます。

 

と言っても、騒がしい通りではないので、あまり

気になりませんでした。

 

天井ファンと一応エアコンも付いています。

 

無料のドリンキングウォーターが2本。

 

木製のワーキングデスク兼鏡台。

 

Wifiは多少遅い気もしましたが、大きな不満は

なく利用出来ました。

 

クローゼットはなく、ハンガーが2つぶら下っている

のみです。この部分の壁は再利用出来ないほど傷んで

いたのか、新しいボードに取り換えたみたいですね。

 

テレビ、冷蔵庫、セーフティボックスはありません。

 

カーテンというか布で隠されている部分に

窓があります。

 

カーテンを外して、鎧戸を開けてみますと、

上記のバルコニー越しに通りが眺められます。

 

以前ベトナム・ホイアンで泊まったホテルの部屋も、

こんなバルコニー越しに通りが眺められたなあ。

あちらは築200年超でしたけど。

 

バスルームへのドアには、なまめかしい女性の

ステンドグラス的なものが。

 

髪から水を垂らしているので、タイの仏教寺院で

よく見る女神・プラ メー トラニー(ナーン トラニー)

でしょうか?

 

バスルームは細長い空間で、端に洗面台とシャワー、

もう一方の端にトイレが配置されています。

 

1月という涼しい時期だったので、ちゃんとお湯が

出るか心配していましたが、温度は問題ありません。

量・水圧はイマイチでしたけど。

 

シャンプーとシャワージェルのディスペンサー。

 

タオル類はバスタオルのみで、そこそこくたびれて

いました。

 

トイレにはホース式(ハンド式)のウォシュレットが

付いています。

 

ロビーや廊下には、古い木造の建物にマッチした

レトロ・アンティークな生活用品などが飾られて

います。

 

 

 

 

 

朝食は付いていなかったので、ホテル内では

食べていません。そもそもホテル内にレストラン・

カフェもありません。

 

チェンカーンのホテルでは朝食付の予約と言っても、

提携している近くの食堂で食べるというパターンが

多いようです。

 

ロビーにいくつかテーブルが置かれていて、

くつろいだり、おしゃべりしたり出来るように

なっているのですが・・・

 

ちょっとしたドリンク・食べ物(パートンコー=

油条)が頂けるようになっていました。

 

実際に泊まってみて、部屋が快適かと言われれば、

そうではないですが、料金もお手頃でしたし、

満足度は高かったです。

 

機能性や快適性を求めるのであれば、こうした

古い木造建築のホテルに泊まるのは止めた方が

良いでしょう。

 

あくまで古い歴史に趣を感じることが出来る方

向きのホテルです。

 

プーンサワット ホテル チェンカーンの客室タイプ・料金を調べる

チェンカーンの地図とホテル

 

カテゴリー: タイ | タグ: , | コメントする

タイエアアジアでシティトランスファー バンコク~ルーイ~チェンカーン

 

ハノイからバンコク・ドンムアン空港に到着後、

スーツケースをラゲッジストレージに預けて身軽に

なります。

 

これからルーイ県チェンカーンへ行きます。

チェンカーンには空港がありませんので、先ずは

タイエアアジア便でルーイまで。

 

既にウェブチェックイン済で、預ける荷物もない

場合は、カウンターに寄る必要はなく、そのまま

保安検査に向かってOK。荷物がないと本当に楽です。

 

ラウンジで3時間近く待ち、やっとボーディング時間

になったかと搭乗ゲートへ向かうと、16:20→16:50へ

遅延(時刻変更)していました。

 

仕方なく別のラウンジに行き、更に30分ほど待ちます。

 

今回の74番搭乗口はバスゲート。

 

ドンムアン空港ターミナル2(国内線ターミナル)

では、71~78番搭乗口がバスゲートになります。

 

ドンムアン空港からタイ国内線を利用することは

それほど多くないのですが、私の場合、航空会社に

関係なく、かなりの確率でこのバスゲートになる

ような気がします。

 

ここは待合エリアは混雑している上に、天井が

低いせいか、狭くて圧迫感があります。イスも全く

足りていません。

 

16:20→16:50へ時刻変更されましたが、搭乗開始と

なったのが16:50頃でした。

 

 

今回も座席指定はしていませんでしたが、窓側の

23Aが割り当てられました。

 

ここ2~3年、エアアジアに限らず、短距離路線の

LCCでは座席指定せずに、どんな席になるか試して

いますが、幸い真ん中の席にはまだ一度も当たって

いません。

 

もう10回以上にはなるかな。

通路側が8割くらいで、たまに窓側。

 

約1時間のフライトでルーイ空港に到着しました。

 

当初のスケジュールから約40分遅延、18時も過ぎて

もう暗くなっています。

 

ルーイ空港のロビーに出てきました。

 

今回はルーイまでのフライト+チェンカーンまでの

シャトルバスを合わせたシティトランスファーと

いうサービスをタイ エアアジアで予約しています。

 

バス(バン)を組み合わせたシティトランスファー

以外に、サムイ島・パンガン島などの離島ではボート・

フェリーを組み合わせたアイランド トランスファー

というサービスもあります。

 

こうしたフライト+バスand/orボートを組み合わせた

サービスはエアアジアやノックエアが行ってます。

 

ノックエアの場合はフライ&ライド、フライ&

フェリーというサービス名称です。

 

勿論、空港からのバンやフェリーの料金分、少し

高くなりますが、空港⇔目的地間を直行出来るので、

便利だと思います。

 

ターミナルを出てすぐ右手にシティトランスファー

と書かれたカウンターを発見しました。

 

ムアン ルーイ カーレントというレンタカー屋さんが

運行を請け負っているようです。

 

こんなよくあるバンでした。

 

乗り込んでから10分ほどで出発。

 

乗客は全部で6人、私以外はタイ人女性。

チェンカーンの街に着いてからも感じましたが、

外国人は少なく、大半がタイ人観光客です。

 

約45分でチェンカーンに到着。

 

チェンカーンにおけるエアアジアのシャトルバスの

発着場は、チャイコーン通りのシーチェンカーン・ソイ20

近く、ジ オールド チェンカーン ブティックホテル

の斜め前にあります。

 

 

ここからホテルまで徒歩10分ほど掛かるのですが、

車中でホテル名を聞かれ、ホテルのあるソイ9の

入口(シーチェンカーン通り=国道211号線側)で

降ろしてくれました。

 

帰りはホテルをチェックアウト後、荷物を預けて

チェンカーンの街を散策していたのですが・・・

 

ホテルに戻ると、スタッフから「エアアジア?」と

聞かれ、「そうだ」と答えると、ホテルまでバンが

迎えに来るので、ここで待っていれば良いと。

 

同じホテルに泊まっていたタイ人女性客が、この

シティトランスファーサービスを利用し、彼女が

ピックアップを依頼したようです。

 

そういうことも出来るとは知らなかった。

運行を請け負っている会社が融通を利かしている

のでしょうか?

 

その他のタイエアアジアの搭乗記を見る

航空券+ホテルでお得

チェンカーンの地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: タイ | タグ: , , , , | コメントする

タイエアアジアFD643便 ハノイ・バンコク ドンムアン線 旅行記・口コミ・評判

 

ソンホン ビジネスラウンジで時間つぶし、まだ少し

早いのですが、搭乗ゲートへ向かいます。

 

今回ハノイからバンコクへ利用するのは、タイ・

エアアジアのFD634便です。

 

搭乗口がターミナルの一番端の36番ゲートで、

それほど広くはないハノイ・ノイバイ空港でも

さすがに遠い。

 

搭乗ゲートに到着し、外を眺めていると・・・

 

バンブーエアウェイズの機材がいくつか駐機して

います。バンブーエアウェイズは就航したばかりの

ベトナムのLCCです。

 

出発時刻30分前にバンコクからの機材が到着

しました。さすがに朝早くは遅延が少ないですね。

 

出発時刻20分前、ボーディング開始になったので

歩いていくと、途中で足止め。

 

バンコクからの到着客がまだ降りていません。

 

だったらまだ案内するなよ!と思いましたが、

少しでも時間を節約しようって算段ですかね。

 

1月というヨーロッパの避寒シーズン真っただ中

ですので、欧米の乗客がかなり目立ちます。

 

座席指定はしていませんでしたが、今回も無事に

通路側の23Dが割り当てられました。

 

シートピッチは狭いですけど、2時間程度の短距離

路線なので問題なし。

 

隣にベトナム人男性が座っていたのですが、空いて

いた窓側に移動したので、隣は空席になりました。

 

ほぼ定刻に出発し、水平飛行になってからタイの

入国書類を配り、機内販売が始まります。

 

しかし愛想が悪いというか、仏頂面の客室乗務員が

多いなあ。

 

タイエアアジアのフライトアテンダントって

エアアジアグループの中でも特に派手な人が多く、

そして顔の整形率もかなり高い印象。

 

機内販売で何か買うこともなく、また何の面白い

ハプニングもなく。

 

朝早かったので、寝ていたら、あっという間に

バンコク・ドンムアン空港に到着。

 

沖止めでターミナルまではバス移動でした。

 

入国審査も20分待ち程度で、思っていたより

早く通過出来ましたが、この日の移動はこれで

終わりではありません。

 

その他のタイエアアジアの搭乗記を見る

航空券+ホテルでお得

ハノイ ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: タイ, ベトナム | タグ: , , | コメントする

ソン ホン ビジネス ラウンジ ハノイ・ノイバイ空港国際線

 

ハノイから次は、タイ・エアアジアでバンコクへ

向かいます。

 

出発の約2時間前にはノイバイ空港ターミナル2

(国際線ターミナル)に到着。

 

既にウェブチェックイン済で、バゲッジドロップ

カウンターにて荷物を預けるのも2~3分で終了。

 

出国審査とセキュリティチェックもそれほど待つ

こともなく通過出来ました。

 

ボーディング迄まだ1時間以上あるなあ。

 

今迄ならハノイ・ノイバイ空港では時間を潰すのに

困ったのですが・・・

 

プライオリティパスで利用可能なラウンジが

登場したのです。新しいラウンジなのか、前から

あったけど新たにプライオリティパスと提携した

のか不明ですが。

 

それがソン ソン ビジネス ラウンジ(SONG HONG

BUSINESS LOUNGE)。

 

搭乗ゲート28と29の間にあるエスカレーターで

上がります。

 

 

受付を済ませ、中へ入ると、「広っ!」。

 

 

そして食べ物・ミール類も思った以上に豊富。

但し、クオリティという面では今一つですけど。

 

 

味噌スープ(味噌汁)なるものもありました。

 

 

 

冷蔵ケースにはミネラルウォーター、ソフトドリンク、

ビールなどがぎっしりです。

 

 

アルコール類はビールだけなんてケチなことは

言わず、ワインやブランデーなどもあります。

 

外を眺めていると、最近運航を始めたばかりの

ベトナムのLCC・バンブー エアウェイズですね。

 

近くに座っていた若いアジア系の女性が何度も

何度も食べ物やドリンクを取りに行っています。

 

そんなにがっつかなくても・・・

 

と思っていたら、毎回数本の缶ビールを持って来て

キャリーケースにこっそり入れていました。それを

何度も繰り返していたのです。

 

青緑っぽいパスポートを持っていたから、ベトナム、

韓国、台湾あたり?

 

ちょっと色黒だったので、ベトナム人かな。

 

そろそろ時間なので、最後にトイレへ行っときますか。

 

トイレ内にシャワー室が2室あります。

 

 

シャワールーム内には更衣スペースもありますし、

サンダルも置いてあります。

 

ダナン空港のCIPオーキッドラウンジのシャワー室は

ドア開けたらいきなりシャワーブースで、どこで

着替えれば?靴は外に置くの?って感じでした。

 

バスタオルも置いてあり、自由に利用出来るのが

良いですね。この種のラウンジではシャワールームは

あっても、バスタオルを含め、受付に依頼する必要が

あるところも多いです。

 

アメニティグッズは、シャンプー、コンディショナー、

くし、シャワージェル、シャワーキャップ、

サニタリーバッグ。

 

用を済ませ、手を洗おうと思ったら・・・

 

うわっ、なにこれ。

金色に輝く洗面ボウル。TOTO製でした。

 

施主の意向でしょうけど、日本人の感覚からすれば、

ちょっと悪趣味って感じですね。

 

その横には歯ブラシ・歯磨き粉と綿棒。

 

食べ物・ドリンク、シャワーとこの手のラウンジと

しては充実しています。

 

個人的にはベトナム航空で東南アジア各都市へ行く

ことが多く、その乗り継ぎはラウンジが使える

ホーチミンを優先していましたが、今後はハノイ

優先にするでしょう。

 

ホーチミン空港のプライオリティパスで利用出来る

ラウンジは、現在シャワーがありませんので。

 

ハノイ・ノイバイ国際空港周辺の地図とホテル

ウォシュレット・日本の民放TV・大浴場 ハノイの日系・日本式ホテル

 

カテゴリー: ベトナム | タグ: , | 1件のコメント

O’Douceurs オ デュシュールでフランス風スイーツ・ケーキ ハノイ・ホアンキエム区

 

バインダークアを食べた後、ホテルへ帰る前に

スイーツを買って帰りましょう。

 

疲れてくると、無性に甘い物が欲しくなります。

 

やって来たのは、事前に目星を付けていたこちらの

O’DOUCEURS(オ デュシュール?)というお店。

 

フレンチ パストリー&ベーカリーと書かれて

いて、オーナーはフランス人らしいです。

 

ベトナムはフランスの植民地だったこともあり、

フランスパンがおいしいと言われますが、お菓子・

ケーキも期待出来そう。

 

ショーケースにはおいしそうなケーキが並んで

おります。

 

 

お値段はだいたい4万ドン(200円弱)前後。

3個購入しました。

 

店内にカフェも併設しているのですが、私は

ホテルに持ち帰って、さっそく頂きます。

 

コーヒーエクレア、これは少し安くて29,000ドン。

 

私にはちょっと甘過ぎかな。

 

ストロベリータルト、40,000ドン。

 

これは甘さ控えめでいい感じ。

 

エキゾティック(Exotique)という名前のついた、

鮮やかな黄色いケーキ、VND41,000。

 

上にマンゴーの果肉が少し乗っているのですが、

黄色のメインはパッションフルーツかな。

 

パッションフルーツの酸味と生クリームの甘さが

相まっておいしい。しかもボリュームもあります。

 

どれもそれなりにおいしいですが、個人的には、

日本の普通のケーキ屋の方が、もっと味が繊細で

おいしいと思いました。

 

でもベトナムでこのレベルのケーキが食べられれば、

満足だと思います。値段も日本の半分以下程度ですし。

今度パンも買ってみたいなあ。

 

お店の場所はホアンキエム区のチャンフンダオ通り、

Yet Kieu通りとの交差点付近。ハノイ駅から徒歩

3分程度。この支店を含め、ハノイに3店舗あり。

 

ハノイ駅周辺の地図とホテル

ウォシュレット・日本の民放TV・大浴場 ハノイの日系・日本式ホテル

 

カテゴリー: ベトナム | タグ: , | コメントする